2011年 03月 13日

何ゆえにこんな不幸が起きるのか・・・

東北の巨大地震、なぜこんな不幸が起きるのでしょうか?
ほんの数分の間に1万人を超える人たちが津波に飲み込まれ無残にも命を絶たれてしまった。被災の光景はあたかも、広島・長崎の被爆の光景を彷彿せざるを得ない状況です。

一所懸命に、そしてつつましく、家族が寄り添って、皆が希望を持って、4月からは新入生あるいは新社会人、いろんな夢を持ってがんばって暮らしてきたのに一瞬で全てが絶たれてしまう、なんという理不尽な、そしてあまりにもせつな過ぎる。自然の猛威といった言葉では納得なんか出来ない、「この世に神も仏も無いのか!」という言葉が浮かんできます。
[PR]

by tom100rs883 | 2011-03-13 18:51 | 日常 | Comments(3)
Commented by ずんたたたん at 2011-03-13 21:22 x
ニュースで現場の惨状を目にするたび、「なにかできることはないか」と、はやる気持ちでいっぱいになります。一人でも多く、一刻でも早く、救出されることを願わずにはいられません。
Commented by COOS@観音寺 at 2011-03-13 22:29 x
水曜日から四国に帰ってて難を逃れました。何か出来る事は無いか?節電と義援金でしょうか。
明日は東京へ帰ります。
Commented by ぴーかん at 2011-03-15 19:08 x
被災した小学校高学年らしき女の子の言葉が頭に残っています。

「今までどれだけ裕福だったのかということがわかった。
今は、帰る家がない。食べ物もない。
そして、家族が欠けてしまった。」

今後、ニュースで悲痛な場面を何度も見ることになるのでしょう。
被災地の人たちの思いをかみしめながら、
いっしょに頑張らなければなりませんネ!


<< 震度6強でした。      河津桜&下田の鰻 >>