市井の日々

tom100rs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 11日

R100RSのポジション変更

BMのハンドルは肩幅ほどの短さで尚且つ低い位置にあります。あとハンドル一本分ほど高くなれば頸椎狭窄の診断を下された首が楽になるんですがね~。

R100RSに乗る方のブログで発見しました!「汎用スペーサーでハンドルを少々高く

早速ネットでご注文しました。「ライザーUPスペーサーキット」です。
b0110263_0201516.jpg

製品はキレイな造りです、ボルトはM8×10mmをDIYで@108円で4本入手です。
b0110263_0231117.jpg


RSのハンドルパッドを外した状態、この現状のハンドルホルダーの下半分を残しキットを組み込む手はずです。
b0110263_024549.jpg


ハンドルを外しました。実はこの時に外したホルダーをカウル内に落としてしまい救出するのにえらく苦労しました。素人はこういったつまらないミスで時間を浪費し尚且つ部品を傷だらけにします(涙)
b0110263_0254059.jpg


純正のホルダーの下半分はそのままに、注文したライザーキットをセットします。この赤く表示した部分がハンドルのアップになるということです。
b0110263_0284060.jpg


ハンドルが上がった分メーターとの隙間が減ったんですが、ハンドルパッドを無理やり取り付けでホルダーの傷を隠します(^^ゞ
b0110263_0314588.jpg


ポジションアップの工作が完成しました。
こちらがノーマルのハンドル位置。
b0110263_0323073.jpg

こちらが19mmアップしたハンドル位置、グリップエンドが高くなっているのが判ります。
b0110263_033418.jpg


日曜日に試走しました。僅か19mmのアップですが、前傾が緩くなり首と手首の負担も大きく改善しました。3,000円強の投資効果としては☆3つの高評価でございました。


☆足(フォーク)の治療が完了したら今度は心臓(点火系)が要治療になってしまったぞ(・・;)
我がBMW R100RS、10万キロを超え車齢は25歳となりました。ここまで来るとパーツも人間と同様に経年疲労か経年劣化が出てきます。
今回は、点火系にトラブルの予兆が出てきました。巡航中に不整脈のようにたまに失火する現象が・・・、東名高速の追い越し車線で来た時にはほんの一瞬ですが焦りました(~_~;)
点火コイルはすでに5万キロ時点で対策品に交換済み。今回は「点火タイミングセンサー&イグニッション制御ユニット」が怪しいと師匠の診断です。部品の注文と修理を依頼、「目指せ車歴30年&15万キロ」に向け順調に整備が進み、そしてお小遣いは減少中です(笑)
[PR]

by tom100rs883 | 2014-06-11 00:56 | バイク | Comments(3)
Commented by ぴーかん at 2014-06-11 06:26 x
経年劣化・・・こればかりは仕方ないですね。
わがXJRも9万キロを超えて、手間と金のかかる存在になってきました。
tomさんの前回ブログにあったフロントフォークについては、
わが愛車もまったく同様の道を歩んでいます(/_;)
4月に行った大修理では、フロントフォークインナーの傷を研磨してもらい、
なんとか交換しないで済ませました。

ステアリングのポジション変更については、
何年か前に南海部品でタイヤ交換した折り、よんどころない事情により、
不本意ながらステアリング位置を少々アップしてありますが、
これが結構気に入っているんですよねぇ(笑)。
Commented by coos @ 観音寺 at 2014-06-11 07:06 x
ハンドルアップはケーブル類の交換無しで投資効果が抜群ですね✋ 経年劣化は仕方がないですよ~ぼつぼつ出てくると修理期間が長くて滅入ります! 一気にリフレッシュして気持ちよくいきましょうよ(^^)
Commented by tom at 2014-06-11 21:34 x
☆ぴーかんさん
XJRもフォークインナーは同じ症状でしたか!距離を走ると摺動部分の摩耗は仕方ないんでしょうね~。でもこれを乗り越えればまだまだ現役!また愛着が湧いてきました(^^)

☆coosさん
<一気にリフレッシュして・・・・> 確かにそうなんですが「一気に小遣いが出て行ってしまいそう」が悩ましい。まあ、これだけ連れ添った相棒ですから、TVのCMで見る「年齢化粧品、ドモホルンリンクス」への投資と考えてます(爆)


<< ジムニーも若返りさせなきゃネ!      BMのフロントフォーク、その後... >>