2015年 07月 06日

東北ツー3日目、秋田~青森へ

6月22日(月)、今日は秋田から青森まで移動します。

朝食は昨晩コンビニで買っておいたサンドイッチ&牛乳で済ませ、6:40に秋田駅前のホテルを出発。
今日も青空が広がり風は少し肌寒いくらい、まだ起き切らない秋田市街を走り抜けR7で能代方面へ北上します。
秋田港を過ぎたら海岸沿いに走るK56、ツーリングマップルには「男鹿半島への近道」と書いてある快走路。

8:20、男鹿総合観光案内所に到着。まだ売店などもオープンしていませんが、大きなナマハゲが出迎えてくれます。
これを見ると、男鹿半島に来たんだな~と実感します。良いモニュメントですね。
b0110263_062886.jpg

b0110263_064384.jpg


ここから30分ほど走ると男鹿半島を一望すると書かれている「寒風山」の頂上です。
昨日の鳥海山ブルーラインより一枚上手の景色とコーナーが楽しめます。眼下には男鹿半島と八郎潟の一部も見れました。

寒風山パノラマライン、標高355mのなだらかな山です。走ってみるとブラインドコーナーがほとんどなく、また355mという標高からも推測できる通り、極端なアップダウンもない、とても走りやすいワインディングが続いています。
CBのギヤは2~4速、エンジンは3~5,000rpmの範囲です、コーナーに向けて丁寧に倒しこんで、そしてアクセルをじわっと開けながらの立ち上がり。CBも気持ち良くコーナーをトレースして行きます。そして眼下には、日本海、八郎潟の景色が広がる、今回のツーでも3本の指に入る快走路でした。

寒風山からの写真を載せておきます。機会があったら是非お出かけのほど。
b0110263_0124383.jpg
b0110263_012536.jpg
b0110263_013614.jpg
b0110263_0131833.jpg
b0110263_0132995.jpg


寒風山を楽しんだ後は「なまはげライン」を走ります。その名前の通り、橋の欄干にも「なまはげのモニュメント」があります。薄暗い時に見たらちょっと怖いかもしれないです。
b0110263_0163625.jpg


10:00、男鹿真山神社に到着して、なまはげ館の見学をしますが、ここは面白かったです。
b0110263_0182868.jpg

b0110263_0183972.jpg

実際に使われていた面もおどろおどろしい風情を醸し出しています。
雪深い静まり返った大晦日の晩、こんな面を被った男たちが大声あげて乱入してきたら、
子供たちは引付を起こしてしまいそうです。大人だってビビりますよ。
b0110263_0193833.jpg


ここでナマハゲに関してのレクチャーをしますか、って伝承館資料の受け売りですけど(笑)

<ナマハゲ習俗学習講座>
ナマハゲ行事は毎年、大晦日の晩に男鹿半島のほぼ全域で行われる。
ナマハゲの語源は「ナモミを剥ぐ」という言葉がなまったもので、ナモミとは炉端にかじりついていると
手足に出来る火型(ひがた)のこと。
それを剥ぎ取り、怠惰をいましめるのがナマハゲである。
ナマハゲ類似の習俗は全国各地にみられるが、男鹿のナマハゲは真山・本山に鎮座する神々の
化身と信じられている。
災禍を拭祓い豊作豊漁吉事をもたらす来訪神として各戸では丁重に迎えもてなす。

そんなことを頭に入れてから10:30、併設されている男鹿真山伝承館でなまはげの実演を体験します(^^ゞ
b0110263_0204980.jpg

確かに主人がナマハゲを酒肴でもてなしてますね。ナマハゲが持っているのは「ナマハゲ帳」といって
ここの家の子供とか嫁とか、さらに主人の不徳も書いてあり、それを直すよう真山の神に誓わされてます。
あ、ナマハゲも役者ですね~。見学者に若い女の子が一人いたんですが、ナマハゲがちょっかい出してキャーキャー言って楽しんでました(笑)
20分ほどですが、十分に面白かった伝承館でした。
b0110263_0212378.jpg


なまはげを楽しんでいたら11:00を回ってしまった、入道崎は諦めて八郎潟へ転進します。
大潟村の開拓地を走るK42「菜の花ロード」から東西を一直線に繋ぐK54を走ります。
このK54の直線、距離を測りながら走ったら・・・・なんと約10キロの直線でした。干拓地だからできた道ですね。
b0110263_027135.jpg

八郎潟の後はR7からR101「大間越街道」で日本海に沿って北上します。
ここは秋田県から青森県に入った辺り、穏やかで青い日本海が広がっていました。
b0110263_0272452.jpg
b0110263_0273651.jpg

b0110263_0381995.jpg

b0110263_0383583.jpg


このまま景色を楽しみながら竜飛崎まで一気に快走をしようかと考えたんですが・・津軽半島の付け根・鰺ヶ沢町で既に時刻は16:00。これは絶対に無理ですね、暗くなってから辿り着いても泊まる宿が手配できないしね。

今日は諦めて青森市に泊まります、ここからは1時間くらいで行けるでしょうと気合を入れてひた走る。
17:05、青森市に到着しましたが「三内丸山遺跡」なんて標識が見えたのでまたまた寄り道します。
縄文時代前中期から中期に至る、5,500年前から4,000年前の集落遺跡とのことです。
平日の5時過ぎですと見学者は皆無の状態、ノンビリと回れました。
b0110263_0455932.jpg
b0110263_0461083.jpg
b0110263_0461934.jpg


18:30、本日の宿にチェックイン、天然温泉施設を併設の「青森センターホテル 5,600円也」
b0110263_049451.jpg


3日目の走行距離は292キロと、なまはげを楽しんだ分だけノンビリでした。
[PR]

by tom100rs883 | 2015-07-06 00:49 | バイク | Comments(6)
Commented by coos at 観音寺 at 2015-07-06 17:49 x
なまはげのモニュメントは東北の不良中年の方のツーレポで見ましたね!寒風山は是非走ってみたいと思います~北海道を連想しました!(^^)
Commented by tom100rs883 at 2015-07-06 23:31
coosさん、毎日よく降りますね~。当地でも10日間ほど降りっぱなし!NC750Xのオーナーも参ってますよ。

今回の東北行き、何の下調べもしなくってただ走ったという感が強いんですが、男鹿半島はナマハゲを含めて楽しめました。
寒風山は是非お試しくださいませ(^^)
Commented by pican2008 at 2015-07-08 15:06
先日、スマホから書き込みに失敗したので、PCから再挑戦です(笑)

しかし、このツーリングは天気に恵まれましたね。大潟村のスカイブルーなんて、この時期には信じられないほどの青さです! 

寒風山パノラマライン、一度は走って見たい気がします。
ところでR101と言えば、今から46年前にチャリで走ったことがあります。当時この国道は青森県内で車が通れないような狭隘な山道の箇所があり、自転車を担いで歩いた記憶があります(笑)。
Commented by tom100rs883 at 2015-07-08 22:48
ぴーかんさん、ほんと、驚くほど天気に恵まれました。思わずハンドルネームを「ぴーかん」に改名しようと思ったほどでした(笑)

R101、確かに最果て感のある道でしたが46年前はそんなだったんですか!昔はチャリに大荷物をつけて走っている若者が多かったですね。
Commented by すー at 2015-07-10 16:51 x
ご無沙汰してます。
おめでとうございます。人馬とも無事のご帰還で何よりです。
天気も良くて、どの道も綺麗でおまけにガラ空きですネ、これじゃスピードオーバー必至ですネ。
30年ほど前に車で東北一周しましたがtomさんの写真見ても思い出せ無いのが残念!  私もカミサン誘って行こうかなー (;^_^
Commented by tom100rs883 at 2015-07-12 00:41
すーさん、無事故無逮捕で無事に帰って来ました(笑)
しかし東北は走りが楽しい道ばかり、次の機会には今回のように駆け足で走りまわらずに、ノンビリゆったりと走ってみようと考えてます。
是非とも奥さん誘って行ってくださいな(^_^)


<< 東北ツー4日目、青森から盛岡へ      雨の休日はバイクの整備ですね >>