「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:カブ110( 71 )


2017年 02月 11日

バッテリー、ついに交換!

2011年5月31日納車した07型カブ110、5年9か月を頑張ってくれたバッテリーもお疲れになってきた。
最初のセルスタートは無理、キックスタートして走り出せばその後の一日はセルスタートがOK。
次回の朝一はやはりセルスタートは無理です(+_+) こりゃバッテリーの交換時機到来ですね。

まあ、5年9か月、14,000キロを頑張ってくれました。交換のバッテリーはamazonで発注しました。
とってもお安いバッテリーもあるんですが、なんと言っても「made in china」。これは絶対に信頼できないぞ。
で、選択したのは「台湾ユアサ」のバッテリー。値段も国産純正とchina製品のほぼ中間、chinaは信頼できないが、台湾に工場を展開している湯浅バッテリー製造ならば信頼度は飛躍的に伸びます。

到着しました。
b0110263_21312165.jpg

開封したバッテリーの背面記載の注意文言が、おお、台湾製だと感じます。
b0110263_21321530.jpg

まずは充電機をつないで満充電にします、繋いで5分で満充電の表示です。さすがに湯浅ブランドです(^^)v
b0110263_21341821.jpg


では早速交換します。バッテリーに辿り着くべくアンダーカウルのカバーを外します。+ドライバーでOKですが、寒さ厳しい折なので硬化しているプラスティックの爪を折らないように気を付けましょう。
b0110263_213620100.jpg

バッテリーカバーを外して、5年超頑張ったバッテリーとご対面
b0110263_2137438.jpg

バッテリー新旧の揃い踏み。CCAが130⇒90へと下がっているが、それほどの影響はないだろうね。
b0110263_21385367.jpg

ネジを落とさないように気を付けて、台湾製の湯浅バッテリーを装着!
b0110263_2140455.jpg


装着後、セルの動きは力強く、インディケーターの明かりも気持ち明るくなった(気がします)
b0110263_21412032.jpg


さあ、これで次回の交換は平成34年となるのか、乞うご期待(笑)
[PR]

by tom100rs883 | 2017-02-11 21:47 | カブ110 | Comments(2)
2017年 02月 05日

沼津市内浦湾のお散歩

更新頻度が月一とまるで月刊誌並みになってきました(笑)

まあ寒い日が続いてバイクネタも乏しかったからねぇ。昨日は暖かったので、カブに乗って沼津港から内浦湾まで散歩してきました。

出発は午前11時、走り出したらすぐに昼食なんですけど・・・今回は失敗したな、沼津港近くの〇〇飯店(*_*)

気を取り直して小春日和の中を海を見ながら流します。内浦漁協の岸壁で一休み。今日は久しぶりに一眼持参しました、カブの撮影会の開始です(笑)

まずは、船と海をバックにカブを撮ります。
b0110263_22463622.jpg

b0110263_22465115.jpg

b0110263_2247352.jpg

b0110263_22471898.jpg

b0110263_2247351.jpg

違った角度で一枚
b0110263_2248942.jpg


漁船も少し大きめの奴から湾内専用?の小型船まで停泊中
b0110263_2249339.jpg


b0110263_22494048.jpg


やはりこの辺りは漁港といえども観光地。湾内の遊覧船も走ってます。
b0110263_22504332.jpg

双胴船でした。乗客はほぼ満員御礼の状態ですね。船にカモメが纏わりついてます
b0110263_22514751.jpg

駿河湾越しに見えるのは富士市の製紙工場の煙突群、その向こうには冠雪した南アルプスです。
b0110263_22544399.jpg


小型の遊覧船も走ってます。痛車ならぬ痛船もようです(笑)
b0110263_22554623.jpg


海越しに富士山も出ていました
b0110263_2324544.jpg

b0110263_2333100.jpg


暖かく穏やか日差しに桜も咲いてます。今年初の桜、河津桜は色濃くてきれいです。
b0110263_235521.jpg

b0110263_2352058.jpg


昨日と打って変わって今日は雨交じりの寒い日曜日でした。節分も過ぎたから、少しは暖かくなっていきますかねぇ。
[PR]

by tom100rs883 | 2017-02-05 23:13 | カブ110 | Comments(2)
2016年 12月 18日

12月も半ばを過ぎましたね~

今年も余すところ2週間を切りました、いや~、いろいろと変化があった一年でした(^^;

さて、今日は冬の太平洋側の特権ともいえる抜けるような青空が広がっている。これは走らなきゃネ、明日からの仕事に取り組む元気が生まれない(笑)
9時にいつもの仲間にメールを送信、「カブで昼飯食べに行きませんかな?」
参加者1名を得て、10時に出発です。走り出して30分後に旧東海道興津の宿にあるセブンイレブンでコーヒータイム。青空が広がり、山はミカンの黄色が目立ちます。
b0110263_18364282.jpg


興津からはカブではあまり走りたくない国一のバイパスを10分弱走り20分ほどで清水港に到着しました。きれいな青ですねぇ。かもめが波間に浮いてます。
b0110263_1838951.jpg

今日の目的地は、清水にある「河岸の市」です。駐車場は満杯ですがカブはへっちゃらです(^_-)-☆
b0110263_18393720.jpg

先週の焼津おさかなセンターとイメージは似てます、小型焼津版といったところですな。
b0110263_18403342.jpg

鯵の干物がうまそうですが、先週買ったばかりなので本日はパスします(^^ゞ
b0110263_1841048.jpg


今日のお目当ては、マグロ専門の食堂が集まったまぐろ館、ここでの昼食でございます。
b0110263_1842144.jpg


まずはウィンドウショッピングならぬ、お店のチェックです、美味そうなものが並んでます。
b0110263_1964843.jpg

b0110263_197723.jpg

b0110263_1984147.jpg


選んだのはこちらのお店、「どん福」
b0110263_1991252.jpg


数量限定、特製海鮮丼、1,490円也 これは美味かった~ (^^)v
b0110263_19111342.jpg

マグロが二種類、イカ、いくら、生シラス、釜揚げシラス、生サクラエビ、サーモン、ぼたん海老、すきみのフル装備でございました。
マグロ以外の生魚は食べれないという相方は、こちら、まぐろ紅白丼、1,058円也
b0110263_19151262.jpg

ともに、あら汁&マグロの炊いた奴がついてまして、お値段以上のお買い得感ありでした。

さて、お土産は、私が「とろサーモン」、相方は河岸の市に来たのに何故か「ミカン」です。土産を掲げて記念写真を一枚(笑)
b0110263_19191353.jpg


時刻はまだ13:15、国道一号線から国道52号に入り向かった先はコチラ、新東名の新清水PA、カブで訪問(爆)
b0110263_19202534.jpg

コーヒールンバを奏でるマシ~ンでキリマンジャロを味わって、本日のカブツーは終了。走行距離74km、所要時間4時間20分のツーリングは終了しました~(^^)v
b0110263_19375994.jpg

何故か「横倒しの写真が数枚?」、首を傾けてご覧くださいませ<(_ _)>
[PR]

by tom100rs883 | 2016-12-18 19:32 | カブ110 | Comments(7)
2016年 10月 15日

カブツー、2日目

昨夜の酒もそれほど残らずに朝を迎えた。いつもの通り、早起きのメンバー二名は6時前に起きて周辺の散策&バイクの清掃を済ませたようだ。残り三名は朝食間際までゆっくりと寝ている。この自由さがビジホ利用のメリットの一つかもしれないなぁ。

7:30、バイキングの朝食をしっかりと頂き8:30出発、今日は昨日と打って変わった青空が広がって絶好のツーリング日和。やはりこうじゃなくっちゃね!爽やかに出発。

まずはガス補給、燃費は60キロ超/リッターと素晴らしいんですがタンク容量は約4リッター、長距離だと日に二回はGSに寄る必要があります。秩父市郊外でピットイン、5台合計でも15リッターとGSが可哀そうな気がしますね(笑)
b0110263_23411374.jpg


R299で小鹿野町、ワラジカツ丼の安田屋の看板を横目に走り抜け神流町の恐竜センターに到着。
こんな山奥にある恐竜センターってね~、と若干見下して入場したらば・・・素晴らしい、しっかりした展示と説明で1時間たっぷりと楽しめました。惜しむらくは交通の便が悪く入館者が少ない、もったいないな~。
b0110263_23481082.jpg


ジュラシックパークの再来か!こんなのが闊歩していた時代って凄かったんだろうな。
b0110263_23492450.jpg


化石が発掘された状態の複製
b0110263_23493971.jpg



恐竜の後は上野村にあるスカイブリッジに立ち寄った、R299から10分ほど入り込んだ場所にあった
全長225m、高さはなんと90mの観光用吊り橋。高いところはどうも好きじゃない、というかかなり苦手なんだがこれも経験と渡ってみた。箱根にある観光用の吊り橋は入場料が確か1,000円超と聞いたが、ここは村営だろうが「協力金100円」を無人販売のような箱に入れるだけ(^^;
b0110263_001582.jpg

こんな橋、見ただけでもう尻がムズムズしますわ。ましてやバンジージャンプなんてのは通常の神経を持った人間のやることじゃ~ないな!
b0110263_01783.jpg


しかし平然と歩く人もいるぞ、この差はなんだろうな(笑)
b0110263_004114.jpg


アップで見ると・・・ずいぶんと楽しそうに歩いているな~、Gメン75のオープニングを彷彿させる感じだ(古!)
b0110263_044421.jpg


メンバー5名中吊り橋は見るだけと渡らなかった者、約一名(笑)

高所トレーニングのあとはR299から小海町に抜ける近道K124「上野小海線」へ進むが、1.5車線の狭隘路、昨日の雨で路面はしっかり濡れて落ち葉等も散っている。カブだからいいけれど大型バイクじゃいやな道だな、後の掃除も大変だなと思っていると対向車線にピッカピッカのHDスプリンガーが走ってきた。なにか気の毒だな(^^;

ブドウ峠を過ぎ埼玉県から長野県に入ると道路状況は一変し2車線の快適な下りのワインディングになった。カブにとってはおあつらえ向きである。一気にR141小海町馬流交差点に到着。

小海町海ノ口、小海線踏切横にあるレストラン「ストローハット」で昼食、二十年以上前から見てはいたが寄ったのは初めてという珍しいパターン。お味、お値段ともに納得のお店でした。

ここからはいつもの道を帰るだけ、16:00、走行距離397キロ、燃費は多分63キロ/Lでした。

来年のカブお泊りツーは、やはり南信とか木曽、開田高原辺りが楽しそうだな。
[PR]

by tom100rs883 | 2016-10-15 00:05 | カブ110 | Comments(2)
2016年 10月 13日

カブで一泊ツーリング!初日編

先月の24~25日、北海道から帰った後にカブ一泊ツーリングに出かけて来ました(^^ゞ

地元のツーリングクラブ、もう入会してから38年くらいかな、毎年1回は大型バイクで一泊ツーをしているんですが、その中のカブ110&原付二種オーナーでカブツー部隊が発足して5年経過。今では大型バイクよりメインマシンとしての地位を確保しつつある状態です(笑)

昨年は南信の下栗の里、今年は何故か「秩父」です。

30年以上続く大型バイクでの一泊ツーでは宿泊は温泉旅館で宴会付きが定番なんですが、昨年からスタートしたカブでのお泊りツーは、ビジネスホテルのシングルに泊まり夜は外に繰り出して地元の名物をつまみに一杯という爽やかパターンです。

9月24日、カブ110が3台そして年期の入ったワンオーナーCS90、師匠の駆るGR125の総勢5台で出発。時刻はのんびり朝8時、師匠の店の前で集合写真を撮ってから出発、最年少62歳、最年長73歳と高齢化社会の到来、あ、だから軽いバイクが楽しくなっているんだ(^^;

b0110263_23223240.jpg


朝霧高原~甲府精進湖道路~石和を通りR140「雁坂道」を快走し広瀬ダムで一休み。実はこの手前で対向車がパッシングをくれました。あらら、ひょっとして・・・・、ネズミ捕りをやってました(;'∀') まあ原付2種で登りの区間でしたから全開でも70キロかな?でも制限速度は50キロだから危うく今夜の飲み代+αが消えるところだった(^^;
b0110263_23302589.jpg


そして全長6625m、雁坂トンネルを通過。原付はこういった有料区間では嬉しくなるほどの料金、わずか70円です(笑)

トンネルを抜けてやってきたのは「栃本宿」にある関所跡、武田氏が設けたものだそうですが、霧というか雨が降ってきた、天気予報はよく当たるな。
b0110263_23352246.jpg


人も居なければ店もない栃本を出発してから雨が強くなってきた、う~ん、北海道では晴れ男だったんだが埼玉では効き目がないようだ。カッパをきて到着したのは、山岳信仰の霊場三峰神社です。
ここはR140から舗装林道としか思えない狭隘の急坂路を30分ほど入ります、雨で霧も出てカブじゃなければ絶対に来なかったな。
駐車場、カブは1台200円なり。
b0110263_23403983.jpg


傘を借りて参拝をします、年を取ったのか、こういったところではしっかり参拝するようになりました(笑)
b0110263_23423953.jpg


ここでは狛犬でなく狼がその座にいます。山岳信仰らしく狼が神の使いです。
b0110263_23434542.jpg


参拝を済ませたら雨の走行はもう十分と一気に秩父に向かいます。しかし「秩父」って馴染みがない場所です、今回目的地にしたのは、ビジホがあってカブで走る楽しい道があり400キロほどで周回できるという条件からです(笑)

本日の宿、ルートイン秩父に16:00到着。田舎にある割にはシングル8,750円と値段がちょっと高いな。
b0110263_23481033.jpg


各自カッパの始末を行い部屋で一息ついて17:00ロビーに集合。フロントのお姉さんに予約してもらった店にタクシーで向かいます。
秩父市はホルモン(豚)で町おこしを図っている、ホルモンの店が何軒かあるが満員御礼が多く予約をするのが無難らしい。

ホテルからワンメーターで到着したのは「ホルモン、焼き肉の1番館」
b0110263_23541220.jpg

とりあえずの注文は、初めての方にはお勧めのいろんな部位がのったホルモンセット、豚です。
b0110263_23553069.jpg

じっくり見ると、ちょいとキモイかも知れないな。しかしアルコールが入りエンジンがかかるとやたら注文するメンバー出現!
しばらくはもういいと思うくらいホルモンを食べて秩父の夜は更けていった(爆)

1日目の走行は、多分180キロくらいですか。ガソリン消費量は3リッター弱でした。
[PR]

by tom100rs883 | 2016-10-13 00:11 | カブ110 | Comments(3)
2016年 08月 09日

猛暑の日中ラン、その2

さあ、忘れないうちに書いとかなけりゃと、昨日の続きです。

トンネルを抜けると下部温泉に向かって下って走ります。しばらくは覆い繁った木立の中で暑さとは無縁の世界です。
b0110263_17502181.jpg


もう少し下っていくと視界が一気に開けます、夏空と遠くに南アルプス(多分ネ)が広がっています。
b0110263_1752963.jpg

b0110263_17522510.jpg


路肩に現れたのは湯之奥金山の説明板、舗装林道が開通している今でさえこんな超がつくほどの山奥です、戦国時代の武田家を支えた金山があった場所、こんな山奥まで入り込んで金を探した昔の人達って凄いな~とひたすら感心するばかりです。
b0110263_17573532.jpg

さらに下ると下部川が一気に広がって扇状地の始まりといった雰囲気になってきました。
b0110263_17585970.jpg

b0110263_17591730.jpg

快適に下っていくと三叉路(T字路ですかネ)に出ました。湯町ほたる公園と林道三石立線の標識です!
b0110263_1814636.jpg

立派な橋が架かってますね~。
b0110263_1822741.jpg

こんな山の中に公園て?まあ、公園関係の整備は素晴らしい山梨県だから期待できます!ここを本日のランチ場所に定めます(笑)
b0110263_1845144.jpg

三叉路の分岐から数百メートルで公園に到着!訪れる人は多分いない、草を刈る人のみ?夏草が覆い繁ってます!!
b0110263_1863451.jpg

山からの風と草叢からは虫の声が通りすぎていきます、トトロが出てきそうな山間です(^^)
b0110263_1884538.jpg

さあ、ランチです!あら、先日と一緒じゃないか?と思ったあなた、正解です(笑)
先日の早朝ツーでお気に入りになった「おにぎり+ゆで卵セット」、当面は飽きるまで続きそうなランチメニューです(爆)でも、おいしいと感じる要素に、食事をとる環境が60%は影響しますね。
b0110263_18115185.jpg

質素だけど満足したランチを終えて下部温泉まで下ってきました、ここまで猪之頭地区の林道入り口から24キロ、のんびり走っても1時間コースですね。
b0110263_18384343.jpg

レトロな雰囲気が漂う下部温泉街を抜けてJR身延線の下部温泉駅にやってきました。
b0110263_18273316.jpg

ちょうど上りの富士行き電車が入ってきました。田舎の駅ってのはなにか風情があります。
b0110263_18284738.jpg


さあ、ここからはいつものコースで帰るだけ。国道300号から県道9号を走りますが・・・暑い(>_<) 道路わきの表示はなんと37℃、直射日光を浴びてる道路は40℃超えじゃないいか!

なんとか身延駅前まで到着して、栄昇堂の身延饅頭を買って行きます。
b0110263_18352912.jpg

ここの饅頭はあっさりした餡で美味いですよぉ、1個65円とリーズナブルです。しかしなんと言ってもここの奥さんの接客が素晴らしいですね~!いつも一緒に走るNC750Xのライダーは惚れてますから、多分(爆)
こちらにお出での節にはぜひお土産にお立ち寄りくださいませ(^^ゞ
b0110263_18355274.jpg


本日の走行時間は10時~14時、走行距離は100キロ弱のカブツーでした。

やはり全国的に真夏日&猛暑の予報のときは走らないほうが身のためです(笑)
富士川沿いの県道9~10号、左側が土手というかのり面になっている右コーナーには熱い空気が溜まってます!右にバンクさせながら入っていくとドンッ!とばかりに熱い空気の塊に入っていく感覚です(・_・;)

どちら様も当面の間は帰路の暑さを考慮したコース設定がよろしいようで(笑)
[PR]

by tom100rs883 | 2016-08-09 18:58 | カブ110 | Comments(5)
2016年 08月 09日

猛暑の日中ラン(笑)

早朝ランの話題で盛り上がっている中、今日は全国的に記録的な猛暑の予報の中を無謀にも昼をはさんだ10時から14時まで走りましたよ(滝汗)

出発は上記の通り午前10時、はやくもかなり暑くなってます。今日は久しぶりにカブの出番、大きなバイクよりもエンジンの熱だけでも楽なはずですから^_^;

今日のコースは、当市北部の県道414号を走り猪之頭地区から「湯之奥猪之頭線」林道で山梨県下部町に抜ける山越えコース、少しは下界より涼しいでしょう。林道への入り口標識、県営養鱒試験場の近くになります。
つーりんぐまっぷるの表記によるとこの林道は「日本林道協会選定・眺望の良い林道日本一」だそうです。
b0110263_0382623.jpg

入ってすぐにパラグライダー、ハンググライダーの着陸場所、風が吹きぬける広々とした爽やかなところです。
b0110263_0413977.jpg

ここから一気に高度を上げていき県境の湯之奥猪之頭トンネルに向かいます。道は1.5斜線の狭隘路、休日はパラグライダーの出発地への送りのワンボックスが走りますが今日は月曜日、交通量はほぼ皆無で快適に登っていきます、カブ110は軽量かつ過不足のないパワーと、こういった道には最適です。
b0110263_0472219.jpg

b0110263_0473417.jpg

トンネル入り口に到着、ここまでは高原のさわやかな風の中を走っています、うん、大正解だぞ(^^)
b0110263_0475290.jpg

トンネルの中からの静岡県側の眺めです。
b0110263_0493759.jpg

このトンネルは結構に長い、出口がかすかに見えますね。この中は涼しい、別天地です♪
b0110263_052992.jpg


トンネルを抜けるとそこは山梨県だった(笑)
b0110263_0541100.jpg

下部温泉まで12kmの表示がある。
b0110263_0543491.jpg

林道入り口からここまでの距離は約9kmと意外に近い。自宅を出てからここまで40分強です。
b0110263_0571042.jpg


夜も更けたので続きはまた明日でもアップします(^^)/
[PR]

by tom100rs883 | 2016-08-09 00:59 | カブ110 | Comments(0)
2016年 07月 18日

山梨リニア実験センター

ブログの放置もそろそろ3週間になりました、「安心してください、生きてます!!(笑)」

久しぶりの更新になります、いえね、十分に遊んではいたんですけど、何か書き込む気力が薄れてました(~_~;) なぜに気力が薄れていたのか!これは多分、つらつら考えるにピロリ菌のせいだろうと・・・(-.-)

実は先月の人間ドックでピロリ菌が居るとのご宣託(実は3年前から指摘されてましたがネ)で、今月の上旬にピロリ菌の除菌治療を開始したんですけどね~。なんたって、朝昼晩の3回に5~6種類の薬を一週間、必ず飲むこと、途中でやめたら全く効果なしで次の治療は難しくなる、更に、更に、なんと・・・この薬を飲んでいる間はアルコールは一切駄目!厳禁とのお言葉でした。

この数年来、いや十数年来ですか、一週間以上も晩酌を切らしたことが無い(~_~;) いや~、寂しかったが、三日目を過ぎると禁酒が出来そうな気がしてきた、しかし一週間が明けたら早速ビール⇒焼酎と戴きました(爆)

それじゃ久しぶりの更新です、7月3日(日)に行った「カブでリニアを見に行こうツーリング!」の報告です(^<^)

梅雨とは思えない真夏日ですがカブ仲間4台でツーリング。最近では目的地が決まらない、なぜかというと日帰りコースである半径200キロ圏内の思いつく場所&快走路は大体走りつくしてしまったらしい、さすがに舞鶴食堂も月一回で十分だしネ(笑)

そんなことから今回の目的地は、先日見学した長野県茅野市にある尖石縄文考古館から時代を大きくワープして山梨県笛吹市にある「リニア見学センター」になんとか決定です。

しかし気温は30℃を大きく超える真夏日、暑さを避けてコースは朝霧高原からア青木ヶ原を抜ける県道71号を抜けていきます。流石にここは気温も26℃と涼しい、バイクもカブだからエンジンの熱も感じないぞ。
道の駅鳴沢で最初の休憩、今日の4台、07カブ3台にクロスカブ1台です。
b0110263_23111276.jpg

河口湖に向けて国道139号を快走します!
b0110263_2312964.jpg

信号待ちの一枚、威風堂々ですか(笑)
b0110263_23124310.jpg


リニア見学センターは都留市にある、近くの食事処をグーグルで探したら・・・大月市にある「中華 喜楽」がヒットした。あれ、確かカブ乗りのブログで見た名前だぞ?スマホナビにセットして11:30に到着しました。
b0110263_23161484.jpg

メニューはこちら、ちょうど隠れていますがラーメン550円とお値段はお安い田舎の食堂といったところですね。
b0110263_23172977.jpg

ご注文は全員一緒で「ラーメン大盛り、650円也」、到着しました。
b0110263_23183225.jpg

う~ん、韮崎にあるみどりや食堂、アルプス食堂とほぼ同じですね。煮干し系で化学調味料のばっちり効いた濃い醤油味、チャーシューもしょっぱかったな~。店のおねーちゃんもヤル気のなさを前面に目一杯出してます。出前の電話が入ると「めっちゃ混んでますから遅くなっても良いですか~?」、大して混んでないぞ(爆)

味に関して人の好みは様々、違うもんだな~と実感しました(~_~;)

さあ、グルメを満喫した後は日本三奇矯の一つと言われる「猿橋」を見学します。
b0110263_23263989.jpg

両側から伸ばした橋桁の造りから猿が渓谷にかけた猿橋を彷彿させるそうです(^_-)
b0110263_23264914.jpg

本日の参加者一同です、なかなか凛々しいぞ(爆)
b0110263_2329614.jpg


さあ本日の目的地、正式名称は「山梨リニア実験センター」らしいです。
b0110263_23301391.jpg

中に入ると最初に出迎えてくれるのはギネス記録の時速五百数十キロを打ち立てたリニアです。
b0110263_23313941.jpg

二階ではリニアが走る原理を解説してます、要は液体水素で氷点下百数十度まで冷やした超伝導体がどうのこうので磁石の上を走るそうです(爆)
b0110263_23333723.jpg

時代の最先端技術であるリニアの前で記念写真、四人合わせて251歳か?
b0110263_2334246.jpg


カブで巡る時代の最先端技術としょっぱいラーメンの旅、走行距離は150キロ程度、やはり35℃近い猛暑に還暦越えのライダーはお疲れ気味でしたが、カブの燃費は68.6キロ/リッターと絶好調でした。
[PR]

by tom100rs883 | 2016-07-18 23:46 | カブ110 | Comments(2)
2016年 06月 20日

平日のお散歩ツーです

すっかりサボっていたブログの更新、先日のカブ散歩でも書いておかなきゃ行方不明になったかと思われかねない(笑)

6月17日、平日の木曜日、天気は良いしちょいと走るかとカブでお出かけ。いつもの山梨と違い52号線で興津方面に向かう。出発は11時なんでとりあえずは昼食をとりますか!

土日は20分待ち必至の中華一元へ立ち寄ります、平日12時前ですから未だ空いてる時間帯です。
b0110263_9503753.jpg

ご注文は平日限定メニューと書いてある「ラーメンセット、990円也」です
b0110263_9521923.jpg


ここ一元のタンメン&味噌ラーメンは絶品ですが、なんか今日のラーメンは今一つの感が強かったな~、次回は味噌ラーメンに戻ります(~_~;)

52号を山梨方向に走り、興津川の上流に向かいます。道はこの先でやや狭くなりますが興津川の清流に沿って気持ちよく走れます。
b0110263_9591014.jpg

興津川はアユ釣りの名所、アユ釣り解禁のニュースでは必ず取り上げられる場所です。今日も釣り人が多いですね~。
b0110263_1002183.jpg

上流に行ったら橋の上にこんな立派なモニュメントというかアユ釣り師の銅像です、釣竿は本物なのか確認を忘れました。たぶん本物なんでしょうね~(^<^)
b0110263_102139.jpg
b0110263_1021228.jpg


その後はこのあたりを徘徊、道は進入禁止やら林道やら、最近はどうも熊が出てきそうで怖いぞ!ソロツーではこのあたりで引き返します。
b0110263_1043512.jpg
b0110263_1044320.jpg


先日ワークマンで購入したスマホケース、カブのミラーステーにカラビナをセットしました。落ちる心配もないし音声案内をメインに使うのであればバイク専門用品に負けないかもしれません、なんたって980円と安い!(笑)
b0110263_1072655.jpg

b0110263_1073873.jpg


3時間ほどの散歩の後は新東名高速の新清水PAに立ち寄りお買物、ここのクシタニには用がなくコンシェルジェのオネエサンのところで全国版高速道路地図を410円也でお買い上げ、北海道から沖縄まで4枚に分かれてますが十分に活用できるし楽しめます。これは日々ロングツーリングの妄想に浸っている皆さんに是非お勧めの一品です。地図をを買ったら思いっきりの笑顔で、北陸道・中央道等のマップも付けてくれました(笑)
b0110263_10184656.jpg

[PR]

by tom100rs883 | 2016-06-20 10:19 | カブ110 | Comments(2)
2016年 06月 03日

平日原付二種の会

私と同様に今年の4月から晴れて無職となった長野県在住のぴーかんさんから平日ツーのお誘いがありました、バイクはなんと原付二種で集合です(笑)

集合は双方からほぼ中間地点であろう「道の駅こぶちざわ」、朝8時に出発の予定が諸事情で30分遅れの出発。原付だから高速は乗れないし二桁国道は走りたくないしと、県道を走り継いで小淵沢を目指します。

山梨県道17号線沿いの風景がいいですね~、麦秋と書きたいような麦畑です。
b0110263_2340915.jpg

b0110263_23412172.jpg

しっかり実った麦畑の隣には田植えが済んだばかりの水田が広がっています。
b0110263_2342214.jpg
b0110263_23423446.jpg


30分遅れで道の駅に到着、すいません、お待たせしましたm(__)m 須坂市と富士宮市のピンクナンバー
b0110263_234353100.jpg

これから八ヶ岳広域農道を走り昼飯に向かいます。カブは110㏄、アクシスは125㏄、15㏄の排気量差は意外に大きいぞ、登坂車線のある上りではじわじわと離されてしまうぞ(~_~;)
b0110263_23471774.jpg

b0110263_23473118.jpg


さあ昼食を済ませて解散です、一路北信を目指すぴーかんさん、出発!
b0110263_23495794.jpg


帰路の風景です。
b0110263_23503356.jpg


国道300号の旧道、古関地区で不思議な雰囲気を放つモータースを発見しチェックすると
b0110263_23521471.jpg

モトコンポの赤2台に白1台、モンキーが3台、内1台は限定仕様か?奥には誇りを被った初代スーパーカブとかが見えます。これは売り物なのか?
b0110263_23543189.jpg

b0110263_23544286.jpg
b0110263_23545420.jpg


最後は睡魔に襲われて道の駅しもべで緊急ピットイン、20分ほどの昼寝で回復(笑)
b0110263_2356529.jpg

山梨県身延以南は中部横断道の工事が急ピッチで進んでいます、29年度にはかなりの区間が開通になりそうです。
b0110263_23581872.jpg


本日の走行距離は255キロ、燃費は・・・なんと68.1キロ/Lとアベノミクスの推進にはならないな~(^_^.)
b0110263_00388.jpg

[PR]

by tom100rs883 | 2016-06-03 00:05 | カブ110 | Comments(2)