「ほっ」と。キャンペーン
2016年 12月 07日

渋温泉に行ってきた

やはりブログは面倒なことを書くのは面白くないなぁ、先月行った渋温泉ツーリングを書いておこう(笑)

11月12日土曜日、天気は抜けるような青空、雨に虐められた9月の秩父カブツーリングとは雲泥の差だ(^^ゞ

昨年秋に行った白樺湖一泊ツーリングと人車ともに同じメンバーだ、のんびり出発して朝10時に未だ「道の駅 富士川」です。大人のツーはゆとりです、焦っちゃいけませんな。
b0110263_2251572.jpg


韮崎からはR20を走り、11時10分、「道の駅 蔦木宿」に到着。こんな青空なのに意外にバイクは少なかった。
b0110263_22535630.jpg

山は紅葉真っ盛りでした、青空は紅葉を引き立てますねぇ。
b0110263_2255242.jpg


長野県に入り富士見町にある老舗のレストラン「かぶと」で昼食を取ります。ここはいつも地元の人で混んでいる、ステーキ中心の店です、おすすめはランチセット、コーヒー付けて1,500円でお釣りが来ます。舞鶴と並んで安心のお店です。
b0110263_22581756.jpg


昼食後は諏訪ICから安曇野ICまで渋滞回避で中央道をサクッと走ります。安曇野からは青空の下を快走します。高瀬川沿いに県道306号で大町市まで。そこからは県道31号「大町街道」で美麻に抜けます。
ここが今回の最高に気持ちの良いコースだった。精々20分ほどの道のりだが、広い二車線で大きなコーナーがゆったりと続く、この道だけはカブじゃなくビッグバイクで駆け上がるのが爽快です。
長野市に抜けるオリンピック道路に出たら雪の北アルプスの絶景が広がっている。ここで一枚撮っておきます。
b0110263_2375913.jpg

トンネル入口と紅葉の山をバックに路面を気にするメンバーが約一名(笑) 実は舗装面にゴムのチップが埋め込まれているんです、凍結対策なんでしょうか。
b0110263_2310209.jpg


その後は長野市内に入り善光寺へ!「牛にひかれて善光寺」ですから(^^ゞ ここでおじさん2名は、来世のご利益ために御朱印を頂きます(笑) 境内の紅葉が鮮やかでした。
b0110263_23125154.jpg


さあ、ここから暗くなる前に一気に渋温泉へGO!九つの外湯を回るぞ(^^♪

好事魔が多し!・・・なぜか中野市界隈で道を間違え遠回り、渋温泉到着時は暗くなっていた、旅館手前で更に道に迷う(涙) 旅館の女将が迎えに出てくれました(*´Д`)

でもせっかくだからと、浴衣姿のおじさん達は駆け足で外湯を三つ入ったのである、熱かったなぁ。

お世話になった「天川荘」、古いけど静かな宿でした、ここの旦那はヤマハの1200のアメリカン乗り、その旦那に頼んでの一枚、なにを今更の感もあるけれど一応モザイクかけときますか(笑)
b0110263_23202111.jpg


渋温泉、朝の一枚。ここのお店の温泉饅頭が一番とのことでお買い上げしてきました。
b0110263_23213937.jpg


二日目も快晴です、渋温泉から菅平を抜けて上州街道へ、そして県道4号「真田東部線」を走り、東部湯の丸ICから入り中部横断道に乗り換え佐久南へ。
多分、東部湯の丸PAでの一枚です。
b0110263_23393685.jpg

ここからは勝手知ったる141号を走り無事帰宅。2日間の走行距離は530km、気心の知れた3台で走った北信州の温泉と紅葉ツーリング。立派なホテルじゃない昔ながらの温泉旅館でも十分に楽しい2日間でした。
[PR]

# by tom100rs883 | 2016-12-07 23:40 | バイク | Comments(5)
2016年 12月 06日

納得いかないこと、その2

そんなに怒りっぽい性格でもないんだが、どうにも納得できないことが多い。

あなたは自分の家族、配偶者や子供に言いますか?「今度の休日にはギャンブルに行って来いよ!楽しいぞ!」なんてネ。

自民と維新が強行採決で無理やり通した「IR、通称カジノ法案」、観光立国のために博打場が必要なんですかね~。野球賭博、ルーレット賭博、その他の賭け事は法律で禁止されている。その収益は反社会的勢力の資金源であろう。一般社会人が行うと重罪になることを国が金儲けで行おうとしているなんて、おかしいですよね~。競馬、競輪、競艇、宝くじの寺銭だけで十分でしょうが(怒)

いろんな理屈をつけて正当化しようとも、「あなたは自分の家族に勧めますか?」、絶対に勧めないでしょうね、少しでも良識があるならばね。博打で幸せになった話は聞いたことがない、胴元だけが濡れ手に粟で儲かって、反社に金が流れたことは明白です。ここに判断基準を置けば何が正しいかの結論は自明の理でしょう。

自民党は層が厚いし政権担当能力は高いと思っているんですが、こんな法案に固執する阿呆な議員たちも多い、数の論理を優先するためにこんな阿呆達も取り込んでおこうと考えたのかな、執行部は。かつて同じような阿呆な議員たちが「青少年の育成とスポーツ振興に役立つ」と強弁して導入したサッカーくじの結末を見れば判るはずなんだが。

安倍政権の在任期間は中曽根内閣を抜いたとか、ロシア・アメリカやら外国でばら撒きパフォーマンスをしているが、こんな法案を通したことで「あらら、自民党がまた傲慢になって失敗しそうだぞ!やはり喉元過ぎれば・・・だな」と思った人も多いんじゃないだろうか。
[PR]

# by tom100rs883 | 2016-12-06 23:39 | 日常 | Comments(3)
2016年 12月 05日

納得いかないこと

新潟市の小学校で担任が生徒に「なまえ+菌」で呼んだと数日前からニュース等で取り上げられている。
横浜で同様のいじめがあったと大きく報道された直後だ。

<男子児童は6月、「ばい菌扱いされている」などと担任に相談。11月中旬からは担任も児童を「菌」と付けて呼んでいた。担任は学校や市教委の聞き取りに「悪意はなく、愛称のつもりだった」と説明しているという>と教育委員会は発表しているらしい。

横浜でのいじめ報道は当然に聞き及んでいるだろう、その直後にこの発言を行ったとは驚きだ。この教諭には当然に資質と適格性が全く欠けていることは間違いない。更に不思議なのは市の教育委員会の対応だ。このような問題が起きると当然のように教育委員長等の幹部が謝罪会見にを行い、横一列に並んで頭を下げる。しかし事の当事者である担任と学校の管理者は首をすくめて裏側に潜りっぱなしだ。失礼ながらこれが世間知らずの教育界の常識だろう、身内をかばう体質が十二分に発揮されている。だからこんなレベルの低い教員が多数いても、身内として保護してくれるから、彼や彼女が引き起こす呆れた不祥事が後を絶たないんだろうう。

民間なら不祥事が起きれば当然に名前が出て懲戒解雇という社会的制裁が行われる。このあきれた40代の教諭は訓告くらいの処分で、そのあと数年は現場を離れた〇〇センターなんていうところで暫く謹慎して処分は終わり。管理者も、「いや~あいつのせいで大変だったな」で終わってしまう気がする。不登校になった子供と両親に対して彼らはどのような解決方法を提示できるのだろうか。

随分と前からモンスターペアレントなんて言葉もあり教員は大変だなとは思うが、このような事件が再三繰り返されている。適性のない教員を排除する自浄機能が大きく欠如している組織なのかもしれない。


バイクと遊び以外の事は滅多に書かないこのブログですが、どうにも腹立たしく書かせていただいた次第です。ご意見が相違される方は読み流してくださいな。
[PR]

# by tom100rs883 | 2016-12-05 22:50 | 日常 | Comments(0)