人気ブログランキング |

市井の日々

tom100rs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 10日

こんな児童相談所(教育委員会もね)はいらないだろう

今日はバイクとは全く関係ない、腹立たしいことへの愚痴みたいなもの。
同じことが再三にわたり繰り返される、あまりに腹が立ったので書きました。
面白くないですから、読み飛ばしてください。

札幌の児童虐待死、再三通報があったのに積極的に動かなかった児童相談所
積極的にかかわることを避けて逃げていたとしか考えられない対応だろう。

警察からの同行依頼にも、夜間だから、職員対応が難しいと言を左右にして同行しない、後日の訪問もしない。

なんなんだろうね、この児童相談所という組織とそこの職員たちの無責任さ
大変なことからは徹底して逃げる。後になって警察と情報の共有が出来ていなかったなどと
訳の分からないことを言って責任逃れ一辺倒の管理職。
何処に、誰に原因があったかもうやむやにされるのが目に見えている。

つい先日あった小学4年生の女子児童虐待死、その時の児童相談所と教育委員会の対応も同様だ。
この事件に関して千葉県野田市では、児童相談所と教育委員会の関係者にどのような処分が検討されたのか。
この事件に関しても札幌の関係者は当然に知っているし、中央官庁から指示も出ているはずだ。
つまり、彼らの属している組織には責任感いや職責という観念は皆無だと考えれば納得がいくかな。

過去には学校でいじめがあってそれに教師が加担していたというケースが散見された
教育委員会は調査の結果いじめは無かったと発表、そのご周囲の調査でいじめはあったと修正
虐めに加担したされる教師は名前も出ないし、処分があったという話も聞かない。
多分訓告とか痛くも痒くもない形ばかりの処分で片づけているんだろうね。

今回の児童相談所の対応、繰り返されるいじめによる自殺への学校&教育委員会の、
まず、いじめを否定するという決まりきった対応で始める定型のマスコミ発表。
そして誰も責任を問われたとか厳重な処分があったとは聞いたことがない。

お互いに庇いあう、安全な場所にいる自分たちだけを守ることを優先する組織。こんな組織は一度潰して再構築するしかないだろうね。




by tom100rs883 | 2019-06-10 21:57 | 日常 | Comments(0)


<< 年金と2000万円って大騒ぎす...      大分慣れてきたかな >>