市井の日々

tom100rs.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 22日

今日は車でお出かけ

毎週飽きもせずに走り回っている。我が家の家族(妻、息子の妻、孫)の間で、家の中で一番元気なのは爺さまである私じゃないか!との結論になったそうだ。う~ん、これはありがたいことなんだな、きっとネ(笑)

今日は嫁さん連れて、富士五湖の一つ山中湖の近くにある「花の都公園」までドライブでした。
この時期、4月中旬~5月中旬までは本栖湖近くの「富士の芝桜」で朝霧高原は大渋滞しますから、開拓道路で西湖までショートカット。
しかし、皆考えることは一緒です。開拓道路も交通量は多いですね、まあ、かなり速く流れているから良いですけど。

自宅を出てから80分で目的地に到着、10時台だと駐車場も余裕でOKでした。入場料は大人500円とリーズナブルですけど、ここの券売機でちょいとトラブル、40歳ほどの男性係員、お前は日本語の使い方もを知らんのか!公営公社の運営の悪い部分がこういった点に現れます。

気分はすぐれないスタートだけど、風景は良いです。山梨県側の富士山は積雪が多い、静岡県側とは全く違います。
b0110263_23201666.jpg
季節が静岡とは一ヶ月近く違うのか、枝垂桜が満開です。
b0110263_23201623.jpg
外国からの観光客も大勢いました、自撮り棒を突き出してかなり賑やかでした(-_-;)
b0110263_23201728.jpg
富士五湖をぐるっと回って、帰路は富士山アザミラインで2合目あたりを快走して帰宅、120キロコースです。

帰宅したら、さあ、もうひと走り?BMにガソリン入れなきゃね、一か月ぶり?のエンジン始動?。朝霧高原まで一周40キロコースでガソリン補給ツーリング。少しでも走れば気が済むんだろうな、
b0110263_23201717.jpg

この2日間で、バイク2台で380キロ+車120キロ、合計500キロの大台と、確かに我が家で一番元気なのは爺さまかもしれないな(笑)



[PR]

# by tom100rs883 | 2018-04-22 23:52 | ドライブ | Comments(4)
2018年 04月 12日

ワゴンR、一か月経過のインプレです

3月2日に納車したジムニーと交代したワゴンR。1,000キロ目前になり一か月点検に入ります。
3月のお出掛けは大体がワゴンRだったぞ(笑) マークXはほぼカーポートの留守番を担当してました。

b0110263_20171084.jpg

一か月経過した感想を書いておきます。
まずは「好印象」です
1.今の軽は良く出来てます、シート&内装ともにチープさは感じない。19年目のジムニーと比較するのが間違いかも?
2.室内は広い!フロント・リアともに十分な広さがあります。ただしその影響で荷室は狭い。
  まあ、4人乗ることはないのでリアシートたためばOK。
3.エンジン性能はNA52ps、モーター3.1ps、車重は790kgと軽量でジムニーより200kgは軽い。
  街中はもちろんですが、郊外路でもパワー不足は感じないでよく走ります。CVTの性能向上を感じます。
  高速道路の進入ではさすがにアクセル8割方の踏込でタコは5~6,000rpmに上がります。
  その後に平地で100キロ巡航に移れば2,000rpmとマークXの1,800rpmとそれほど変わらない。
  室内も定速走行でしたらかなり静かです、急こう配の登りで5,000rpm回るとさすがに
  エンジン音が入ってきますけど、10年前のリッターカーよりはいいかも。
4.燃費、これは驚きの数値が出てます。900キロ、うち500キロは郊外を250キロ×2
  残り400キロは市街地&片道4キロを15分かけての通勤。これで通算20.4キロ/Lの実績
  郊外250キロのみだと24.6キロ/Lと、BM&CBの20キロ/Lより好燃費。
5.乗り心地はジムニーと比較するとサルーンです、しかしマークXと比較しちゃいけません(笑)
  
では「やはり軽四」だなあと感じるのは「足回り」かな
1.うねった路面は弱いです、ホイールベースとサスのストロークが原因か?正しい表現じゃないでしょうが
  足回りの踏ん張り感に「奥行がない」。あまり無理はできない感じです。ホイールの間から覗くブレーキドラムなんて
  ずいぶんと可愛いサイズで視覚的に不安になりそう。グラム単位の軽量化してますからこれで十分?
2.高速道路、無風なら120キロ巡航は楽勝ですけど、強風時には車高と軽量がもろに影響して
  ふらつき感が否めない。新東名高速は山間の高所を走るので風が比較的強い、避けたい道です。

現時点の総論です。
 日常使いには十分でしょ!普通車が売れなくなったのがよく分かります。マークXを断捨離して
 ワゴンR一台にしても特段の不自由はないかも?でも多分物足りなくなるなあ(^^ゞ

納車一ケ月間のささやかな無駄遣いは、こちら
1.時計を付けました、必要性というより見た目のバランスです
b0110263_23251966.jpg

2.スピーカー交換。純正のフロントスピーカーの音が今一つさみしい。ネットでパイオニアの
  スピーカーを注文。でも注文した後にナビのオーディオ設定でイコライザーなどをいじったら、
  そこそこの音が出るようになったぞ?早まったかなあ、でもね~交換したら間違いなく良くなる(はずだ?)
  近日中に交換しますが、その結果が楽しみです(^^ゞ
b0110263_23251900.jpg
さて、今月末からのGW、車中泊用のベッドも用意完了したし、あとは窓の目隠しをどうしようかと検討中です。

[PR]

# by tom100rs883 | 2018-04-12 20:33 | ワゴンR | Comments(2)
2018年 04月 10日

鯵を目指して、パート2

さて、沼津市内浦湾にある「いけすや」、前日にネットで確認したら、開店は11時だがその前に整理券で受け付けして開店と同時に満席になり、1時間待ちになることも多々あると書いてある。1時間待ちは辛いよね、だったら早く到着すればいい!
そんなことから9時出発、天気は良いが先日までの陽気からは気温はぐっと低くて、なお且つ風がとっても強いぞ(-_-;) 走ること1時間20分、開店40分前の10時20分に無事到着。
b0110263_23422943.jpg
店内に入り早速整理券の発行へ!ノートパッドでの発券と進んでます。
b0110263_23423029.jpg
順番は12番目、先客は30人ほどになってます。人気があるんですね~(^^;

店外で待とうと外に出ると何やらいい匂いが流れてくるな、匂いのもとはこちらです。
b0110263_23423003.jpg
おっちゃんがサザエを焼いてます。サザエのつぼ焼き・300円と書いてある。その近くには活サザエが居るじゃないか♪
b0110263_23423086.jpg
「かってに持ってくればその場で焼きますって・・・」と書いてある、この緩さが良いんでしょう(笑)
早速、美味そうな奴を一つ持って「これ、焼いておくれ♪」と300円とセットで提出です。
可哀そうに、サザエは美味そうに焼けれてしまいました。少し落とした醤油が潮の香りと相まっていい匂いがします。
b0110263_23423042.jpg
焼き上がり引き渡しです。おっちゃんが千枚通しでサザエの蓋を外してくれますから食べやすい。
b0110263_23423030.jpg
美味いものを食べると人は笑顔になります(爆)
b0110263_23423190.jpg
サザエを楽しんでいたら整理番号12番のお客様、店内へ案内のアナウンスです。とりあえずテーブルに着いて10時50分。
11時ちょうどに12番のお客様、食券をお求めくださいの案内がある。そう、テーブル着席、そして食券購入もすべて順番に案内される。
厨房のおばさん達もパニックにならなくっていい方法かもしれません。
待つこと15分、本日のご注文「満腹御膳、1,250円」が到着!鯵がたっぷり乗った丼と鯵フライ、小鉢&味噌汁です。
b0110263_23423171.jpg
脂の乗った鯵が旨そうでしょ!これは半分ほど食べた後に、ネギとショウガをたっぷり載せてお茶漬けにすると2度楽しめます(^^)v
b0110263_23435626.jpg
食事で満足した後は、海岸線に沿って戸田まで、大瀬~井田のワインディングを走ります。が、この辺りは少し狭くて見通しは悪いけれど気持ちのいいワインディングが続きます。でもね~、リッターバイクのSSに乗った連中が無理強引に走っていく、ブラインドの左コーナーで右に並走しながらかぶせてくる、一気に抜けないのならここで来るなよ!危ないじゃないか!バカ野郎(# ゚Д゚)と、心の中で優しく怒鳴りつけます。なんたって巻き込まれたらマズイです、こんなバカなことはないですから。
暖かくなるとこんな連中が増えてきます。いい歳してるんだから、サーキットへ行きなさいネ、馬鹿タレどもめ。

30分後、戸田にある「戸田造船資料博物館&駿河湾深海生物館」に到着。今では沼津市に合併してますが数年前までは戸田村でした。村立の資料館で、「近代化産業遺産認定」の施設です。なにか素晴らしいでしょ。
b0110263_23435631.jpg
ここの造船博物館で観光ボランティアの山口展徳さんという方に声を掛けられた。「ご案内しますか?短めにやりますから」
折角のご厚意だからとお願いをした。ところがこの方「戸田村再発見」というHPを運営して、幕末に下田で津波に被災、その後沈没したロシア艦船ディアナ号、乗組員がロシアに帰国するために戸田で建造された日本最初の洋艦ヘダ号の研究のため、ロシアにまでお勉強に行かれたという方でその熱意は並ではない!なんと短めと言いながら説明は2時間に渡りました(笑) 熱心で博識、面我々もお勉強になりました。
この左側の方が山口展徳さんです。お出での際は是非説明を頂くと宜しいです。
b0110263_23435606.jpg
想定外に2時間も幕末の世界の列強の状況、戸田村とクリミア戦争の関連なんぞ学生時代よりも熱心に勉強して大きくなった頭にヘルメットを被り帰宅したのでした。

本日の走行は130キロほどかな?強風で潮風を被ったカブをざっと水洗いして無事終了しました。

[PR]

# by tom100rs883 | 2018-04-10 00:35 | カブ110 | Comments(4)