市井の日々

tom100rs.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ワゴンR( 5 )


2018年 09月 12日

北海道、地震顛末記

 さて6日(木)です、スマホが使用不可になる前に自宅と職場に「しばらく通信不能になるぞ」連絡を行う。午後5時ころにはスマホの画面からアンテナ表示が消えて通信不可となった。これからの情報は、車のラジオとTVしかないが、ACC電源なのでバッテリ-上りが心配になる。ニュースを見ても停電の急激な回復は望めないし、待つしかない状況に変わりはないね。
ここで一つ考えたのは、携帯の充電は車でできるから大丈夫なのは平常時のこと。ガソリンの給油も難しい状況では充電のためにエンジン掛けっぱなしも避けるべきだろう。
 
 帰宅してからリチウムバッテリー内臓・スマホ3回フル充電可のモバイルバッテリーを買いました。乾電池で使えるラジオも必要ですね。そのほかにも、ミネラルウォーター2リッター×12本、卓上ガスコンロのボンベ6本、単1~単4までの乾電池を各10~20本程度揃えました。
b0110263_19183701.jpg

 さて、宿からは暗くなる前に食事にしたいので、午後5時には食堂に集まってくださいとの連絡。
地震で足止め連泊者は10名でした。それぞれにお膳を付けて、ご飯はお握りで支度してくれました。
b0110263_19183748.jpg
b0110263_19183754.jpg
「袖すり合うも多生の縁」じゃないですが、めったにない環境でロウソクの明かりの中での食事です。
直接的な被害がない地域でしたから、宿泊客同士で一杯飲みながら情報交換から始まり、仕事の話や地元の紹介などで楽しく盛り上がってしまった。仲居さんたち、とっとと引き揚げずにすまなかったです(^^ゞ

日没で暗くなってきた、6時には部屋に撤収。源泉かけ流しの風呂もポンプが停止しているから湯音が段々下がって、午後3時で終了になっている。

ここは2階建の小規模の宿、館内で使用する水は屋上のタンクにポンプで揚げて対応しているので、タンクが空になると終わりらしい。宿泊者も少ないから特段に節水の注意もなかったが、その後の高層階のホテルに泊まった人たちの話では、エレベーターストップで10階、15階から階段で移動、断水でトイレも流せずひどい状況だったと言っていた。高層のシティーホテルだから食事の手配も基本的にないので空腹を抱えていたらしい。今回は小さな山中の宿で本当に良かった、ラッキーだったね。
b0110263_19183747.jpg

多分7時には就寝、夜中に3度ほど起きるが朝5時までグッスリお休み之介。

 さあ、今日は道内での最終日となる7日(金)、小樽から17時出航のフェリーが予約済み、これに乗らなきゃ拙い状況になるぞ。6時に三平汁の食事を頂き、さあ出発だ。
宿を出る前に1リッターの水のペットボトルを分けてもらいました。コンビニでは多分在庫払底、停電だと自販機も使用不可です。自販機が全く使えないというのも致命的です。

 停電は未だ継続中なので信号機も停止中、でも層雲峡に近づくまでの約30キロの間に信号は一つもなかったなあ。
b0110263_19201059.jpg
b0110263_19200916.jpg

層雲峡を過ぎて上川に入ったところでJAホクレンのGSが営業中。旭川の近辺は電気が復旧したらしい、いや、助かったな、10リッターの給油制限ですけどワゴンRだから10リッターで200キロ以上は固く走るぞ、小樽まではこれでOK牧場だね。
b0110263_19211003.jpg

その後は上川層雲峡ICから旭川紋別自動車道に入り道央自動車道から札樽自動車道に乗り継ぎ、午後1時に小樽に無事到着。到着した小樽はいまだに「停電+断水」中で信号も停止中。慎重にフェリーターミナルに到着、停電で薄暗くキャンセル待ちの客でごった返すFTビル、係の方も大変ですね。私は予約済みなので手続き不要なので待合室でやれやれとゆっくりします。
b0110263_19211026.jpg
数は少ないけど、いろんな人がいますね~、係員に無理難題言って大声上げているいるオヤジとか、恥ずかしくないのか、品格が現れるな。

さあ、4時に乗船開始、定刻の5時には無事に出航。フェリーの中は地震被害とは全く関係のない日常です。

やれやれ、レストランに直行して、まずは乾杯&食事です。いや、いろいろ有った(遭った?)北海道から離れます。
b0110263_19211069.jpg
さらば、北海道。お世話になった塩別つるつる温泉の皆さん、ありがとうございました。
そして被災された方々の一日も早い復旧と復興をお祈りします。
b0110263_19201031.jpg


[PR]

by tom100rs883 | 2018-09-12 19:38 | ワゴンR | Comments(5)
2018年 09月 11日

今年の北海道

さて、無事に帰宅して3日目となりました。TVでは連日、北海道の被害が報じられている。
つい数日前まで彼の地に滞在していたのが、何か不思議なような、現実だったのかなと気がしています。

さて、今回の「北海道ツーリング」改め「ワゴンRで行く北海道ドライブ」です。
自分の記録として簡単でもレポートをしておきます。

やはり最大の想定外は地震発生!です。発生以降の経過を書いておきます。

9月4日(火)「道の駅・パパスランドさっつる」の車中泊が台風の風を除けばそこそこ快適だった。
b0110263_23135507.jpg
b0110263_23135531.jpg
b0110263_23265879.jpg
b0110263_23265846.jpg
そこで翌5日(水)も車中泊で行こうかと、昨晩気になった寝床の若干の段差1cm解消のため途中のホームセンターでバスマットを購入し準備万端で、北見市ルベシ町にある「道の駅・おんね湯温泉」に到着。
b0110263_23130081.jpg

併設されている「北の水族館」で「幻の巨大淡水魚イトウ」を見学。1m位の大きな奴でした。
b0110263_23130182.jpg
ここは日帰り温泉が併設されておらず、近隣の温泉旅館を案内する仕組みだ。地域活性化を考えると良いのかもしれないな。
観光案内所で近くの立ち寄り湯を紹介して貰い出かけた先が「塩別つるつる温泉」。なぜか受付の子に「今日は泊まれますか?」。車中泊で決めていたのに、ふと聞いてみた。大丈夫ですよの返事で急きょ車中泊から、リッチな温泉宿に変更になりました。これが今回のツーリングで不思議かつ最高の決定でした。
b0110263_23130106.jpg
b0110263_23172843.jpg
午後4時から温泉に入り6時に食事、昨晩のお疲れもあったのか9時前にはお休みの介状態で就寝。

夜中の3時過ぎ、目が覚めると明かりが消えている。おかしいな、常夜灯は点けていたんだがなと思いながらもまた熟睡モードに入った。
4時過ぎにスマホの着信で起こされる。こんなに早く何が起こったんだ!?

ここで地震の発生を把握してから、長い2日間が始まった。苫小牧で震度7、全道が停電になっているという以上の情報は未だ無い。
スマホで災害状況を確認、当北見地区は震度3、停電は道内全域で信号機もダウンしている。

朝6:30に朝食、ロビーで一通りの情報を聞くが新しい情報はない。同宿の家族連れの方は、朝6時前に10キロほど離れたコンビニに向かったそうだが、水・おにぎり・パン等は全て品切れであったと言っていた。
そうこうしている内に、本日6日に予約してあった士幌町の宿から着信。「電気、水道がダメなので受け入れ不能です」、え、今夜はどうすりゃいいんだ?

この宿に連泊させて貰うしかないぞ!そうじゃないと行き場のない難民になってしまう懸念があるぞ(*_*)

ここの支配人(多分)が落ち着いて良い対応をしてくれました。「停電なので十分な対応はできないですが、それでよろしければお泊りください」

この言葉でもう気分は大船に乗りました。さあ、これで一安心、まずは温泉にゆっくり入るぞ(笑)
お昼も、仕出し弁当を用意してもらいました。近を少し散歩した後、車のTVで情報収集をすると被害の大きさに驚く。のんびり温泉に入っている場合か?でも、他にすることはないし焦っても仕方がない。支配人曰く「子連れのヒグマが出るから気を付けてください。停電で電気柵も効果が無くなっていますんで・・・」
b0110263_23181292.jpg

スマホの充電も車から行いましたが、あれ?基地局って停電でも大丈夫なのか? ソフトバンクは基地局の非常電源が終わり午後3時に通信不可!我がauも午後5時近くにはアウトになった。(docomoだけは翌日まで通信が可能だったらしい)
こうなると情報収集はラジオか車のTVしかない。スマホがあれば十分だというネット依存は危険だと判りました。

取り敢えず、今日はこの辺りまで。


[PR]

by tom100rs883 | 2018-09-11 23:27 | ワゴンR | Comments(0)
2018年 09月 03日

北海道の初日

台風と雨の予報で急遽バイクからワゴンRに変更した北海道ツーリング。
今日は小樽から襟裳岬、そして帯広まで450キロを走ってきた。襟裳岬から黄金道路を走ったときの気温は12℃で本降りの雨、走っているライダー達が辛そうだったなあ❗この地域は天候も不順で風が強くてバイクには向いていないかもしれません。
b0110263_21574416.jpg
b0110263_21582886.jpg
さて、明日は釧路から斜里町向かう予定ですが、向こう二日間はしっかり雨の様です。まあ、バイクじゃないからそれほど心配は無いですけどね(^_^;)

[PR]

by tom100rs883 | 2018-09-03 21:48 | ワゴンR | Comments(2)
2018年 04月 12日

ワゴンR、一か月経過のインプレです

3月2日に納車したジムニーと交代したワゴンR。1,000キロ目前になり一か月点検に入ります。
3月のお出掛けは大体がワゴンRだったぞ(笑) マークXはほぼカーポートの留守番を担当してました。

b0110263_20171084.jpg

一か月経過した感想を書いておきます。
まずは「好印象」です
1.今の軽は良く出来てます、シート&内装ともにチープさは感じない。19年目のジムニーと比較するのが間違いかも?
2.室内は広い!フロント・リアともに十分な広さがあります。ただしその影響で荷室は狭い。
  まあ、4人乗ることはないのでリアシートたためばOK。
3.エンジン性能はNA52ps、モーター3.1ps、車重は790kgと軽量でジムニーより200kgは軽い。
  街中はもちろんですが、郊外路でもパワー不足は感じないでよく走ります。CVTの性能向上を感じます。
  高速道路の進入ではさすがにアクセル8割方の踏込でタコは5~6,000rpmに上がります。
  その後に平地で100キロ巡航に移れば2,000rpmとマークXの1,800rpmとそれほど変わらない。
  室内も定速走行でしたらかなり静かです、急こう配の登りで5,000rpm回るとさすがに
  エンジン音が入ってきますけど、10年前のリッターカーよりはいいかも。
4.燃費、これは驚きの数値が出てます。900キロ、うち500キロは郊外を250キロ×2
  残り400キロは市街地&片道4キロを15分かけての通勤。これで通算20.4キロ/Lの実績
  郊外250キロのみだと24.6キロ/Lと、BM&CBの20キロ/Lより好燃費。
5.乗り心地はジムニーと比較するとサルーンです、しかしマークXと比較しちゃいけません(笑)
  
では「やはり軽四」だなあと感じるのは「足回り」かな
1.うねった路面は弱いです、ホイールベースとサスのストロークが原因か?正しい表現じゃないでしょうが
  足回りの踏ん張り感に「奥行がない」。あまり無理はできない感じです。ホイールの間から覗くブレーキドラムなんて
  ずいぶんと可愛いサイズで視覚的に不安になりそう。グラム単位の軽量化してますからこれで十分?
2.高速道路、無風なら120キロ巡航は楽勝ですけど、強風時には車高と軽量がもろに影響して
  ふらつき感が否めない。新東名高速は山間の高所を走るので風が比較的強い、避けたい道です。

現時点の総論です。
 日常使いには十分でしょ!普通車が売れなくなったのがよく分かります。マークXを断捨離して
 ワゴンR一台にしても特段の不自由はないかも?でも多分物足りなくなるなあ(^^ゞ

納車一ケ月間のささやかな無駄遣いは、こちら
1.時計を付けました、必要性というより見た目のバランスです
b0110263_23251966.jpg

2.スピーカー交換。純正のフロントスピーカーの音が今一つさみしい。ネットでパイオニアの
  スピーカーを注文。でも注文した後にナビのオーディオ設定でイコライザーなどをいじったら、
  そこそこの音が出るようになったぞ?早まったかなあ、でもね~交換したら間違いなく良くなる(はずだ?)
  近日中に交換しますが、その結果が楽しみです(^^ゞ
b0110263_23251900.jpg
さて、今月末からのGW、車中泊用のベッドも用意完了したし、あとは窓の目隠しをどうしようかと検討中です。

[PR]

by tom100rs883 | 2018-04-12 20:33 | ワゴンR | Comments(2)
2018年 03月 03日

ジムニーの後継は・・・ワゴンRーFZです!

お待たせしましたって、バイクの入れ替えじゃないから、そんなには待ってないかもネ(笑)
それでも小遣いはたいての入れ替えですから、お付き合いくださいませな。

19年頑張ったジムニーの後は、なんと、とっても堅実なワゴンR-FZです.

2月に前期高齢者の仲間入りした身としては将来に備えて?デュアルセンサーブレーキサポート他のセイフティーパッケージ付けました。
これで人様に迷惑かける可能性は低くなったかもね(^^ゞ


ジムニーに乗った6年間、四駆が必要だなあと感じたケースは2~3回、距離ではすべて合わせても精々20km程度か?もう少し乗り心地が良いやつにしようかと考えて、最初の候補はスズキのハスラー。しかしハスラーはデビューして満4年でそろそろモデルチェンジが近いだろうし、スズキの軽四は昨年から新しいプラットフォームに代わっている。そして昨年デビューしたワゴンRは、ハスラーの「S-エネチャージ・モーター出力2.1㎰」から「マイルドハイブリッド・モーター出力3.1PS」に強化されている。
載り比べたら新しいワゴンRはノンターボのNAだけど力不足は感じないし足回りもピシッと感じる、ハスラーより軽く力強く走るじゃないか!

バイクも質実剛健がスズキのカラーと思い込んでいるので、ワゴンRに決定した次第。3月2日、契約後5週間でやっと納車になりました。

今日は嫁さん誘って初ドライブです。目的地?そりゃ、山梨~長野方面しかないでしょ!(^^ゞ

道の駅・富士川に到着。ピュアホワイトパールがなかなかいいでしょ。
b0110263_21141519.jpg
北杜市の駒ケ岳広域農道で一枚
b0110263_21141585.jpg
道の駅・蔦木宿で一休みして、国道20号線沿い富士見町にある「レストラン・かぶと」でランチタイム
b0110263_21141552.jpg
昔からある安心のお店、肉料理がメインです。
b0110263_21141594.jpg
今回のご注文は隠れた名物メニューと言われ、TVでも放映された「ナポリタンスパゲッティ、コーヒー付きで1,100円程度」

熱々のプレートの上に卵焼き、その上に太いソーセージと大盛のスパゲッティ。美味しゅうございましたが2/3でギブアップ。

昼食後は文化を求めて茅野のある場所を目指します。八ヶ岳に向かう道のわきには雪が残ってます。
b0110263_21141688.jpg
到着しました。茅野市・尖石縄文考古館です。
b0110263_21141643.jpg
なんと言ってもここには国宝の「縄文のビーナス」と「仮面のビーナス」が展示されています。入館料500円を払い見学です。
b0110263_21141631.jpg
ロビーにはガチャが置いてあります。なんと埴輪のフィギアが入っているガチャです、一回300円でお土産をゲット。
縄文のビーナスを当てようと思ったのに、出てきたのはこのゆるキャラ系の奴でした。なんなんだ、こいつは(笑)
b0110263_21141782.jpg
縄文文化を研究した後は、諏訪南IC~双葉JCT~中部横断道六郷ICまで高速使って帰ります。走行距離も100キロ超えたから、高速巡行もOKでしょう。

今日は、二桁国道、郊外の広域農道、峠道、高速道路と車の流れに乗って快走した280km。特段の力不足も感じさせず、高速も時速100キロ定速ではCVTの特性か2,000rpm程度で走ります。軽四が増えているのが納得できる性能です。19年前のジムニーとは全く走りが違いますね~(笑)
本日の通算燃費は、なんと24.3km/Lと平均20km/LのCB&BMより小食です。
b0110263_21561880.jpg

ところで、ワゴンRのナンバー、気が付きました?黄色じゃなくって白です♪
b0110263_21561843.jpg
これは、昨年10月から「東京2020オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレート」が取り扱い開始になったんで、それにしたからなんです。
これがオリンピックのマークです。
b0110263_21561997.jpg
さて、ワゴンRの最初のドライブも無事終了、乗った感想や親父のインプレッションなんぞ、追々ご紹介していきます。

さて、マークXだけど、活躍の機会を作らないと断捨離されちゃう可能性がねえ(;'∀')




[PR]

by tom100rs883 | 2018-03-03 23:26 | ワゴンR | Comments(2)