人気ブログランキング |

市井の日々

tom100rs.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:バイク スズキVスト650( 10 )


2019年 07月 15日

バイク弄りにはやはり道具ですねえ

Vストのチェーンメンテナンス、CBと違いリアがモノサスなんでチェーンガードを外せば
チェーンの上側(外側というのが正しいかも)の清掃&給油が楽にできる。
b0110263_21032553.jpg
昨日チェーンガードを外そうとしたんだけど、プラスのビス2本のうち1本が緩まない。
b0110263_21032517.jpg
ビスに対して垂直方向に力が十分入るスペースが不足して、無理をすれば舐めてしまいそうな予感(@_@)

今日の家事手伝いの合間に、地元のホームセンター、ジャンボ・エンチョウで工具を調達してきました。
カインズみたいな全国区じゃないけれど、このエンチョウにはプロも使える工具が揃ってます。
私が買うのはアマチュアレベルなんですけどね。

板ラチェットの六角&ドライバービットのセット、
b0110263_20240191.jpg
そしてもう一点はラチェットレンチに付ける#2のプラスビット 
b0110263_20240264.jpg
やはり道具は大事ですねえ、昨日諦めたビス1本、わけなくクイッと緩めることが出来ました。

3連休の最終日も無事に終了しました。

追伸:6月のVスト納車から、歳も顧みず(あまり好きな言葉ではないけどね)動き回ってきたんですけど
何故か疲れが抜けきれない。月~金までフルタイムでのお仕事+たまの飲み会参加、土日はバイク三昧。
何処かで休みを入れた方がいいのかも(^^;



by tom100rs883 | 2019-07-15 21:09 | バイク スズキVスト650 | Comments(6)
2019年 07月 14日

天気予報を信じてGO!

梅雨真っただ中の三連休ですけど、天気予報では13日土曜日はそれほど悪くないと告げている。
静岡~山梨~長野南部まで降水確率は10~30%らしい。残り二日間は雨マークが出ている。

もう行くしかないでしょ(^^ゞ お連れ様に声を掛けたらNC750XのおじさんがOK、2台で出発します。
R52号~中部横断道の無料区間~道の駅・富士川で休憩~韮崎から県道17号で小淵沢を目指します。
天気は曇天だが暑くもなくちょうどいいぞ(本当は暑くても青空が良いんだけどネ)

しかし山梨の郊外は田んぼが広がる良い風景だ
b0110263_21163677.jpg
11:00、道の駅・小淵沢に到着しましたが、ここは建物が新築移転、といっても50mほどの距離です。
b0110263_21163636.jpg
中に入ったら、手打ちそば処がある、覗くと古希を過ぎたおばさん達がやっているようだ。
これは寄らなければ申し訳ないだろうね(^^; 
ざる蕎麦900円+かき揚げ天ぷら100円をご注文。蕎麦で作った羊羹がサービスでついてきたぞ。
b0110263_21163676.jpg
大して期待していなかったけれど、蕎麦も香りがあって美味しいし100円の天ぷらも良い味してました。
道の駅・小淵沢のそば処、小腹を満たすには丁度いいです、機会が有ったらお寄りくださいませ(笑)

小淵沢を出て向かった先は「蓼科自由農園・原村」、ここでパンを買ったりお土産買ったりしてから帰路に着きます。

蕎麦だけでは元気が出ない、武川地区にあるメルローズ・イタリアーノでビーフシチュー&ハンバーグの昼食。
b0110263_21163691.jpg
快適に走って美味い昼飯も食べて、今日はなかなか良かったねなんて話していたら・・・好事魔の多し(*_*)
バイクに跨ろうとしたらポツポツと落ちてきました。雨雲レーダー確認すると南部~身延辺りで雨雲が待ち構えている(@_@)

カッパを着て最短距離の、須玉IC~双葉JCT~下部早川ICまで走り、身延町はOK、これは大丈夫かな?と思ったら
南部町から雨になった。シトシトくらいだから可とします(笑) Vストが初めて雨の洗礼を受けました。

帰ったら取り敢えずは洗車します。
b0110263_21163626.jpg
明けて14日の日曜日、チェーンにしっかりと錆びが浮いてました(涙) CBのチェーンより錆びが出やすいような気がします。
b0110263_21445123.jpg
午前中のお仕事が出来ました。しっかりと清掃&注油して、ホイールのスポークもキレイにしました。
掃除はキャストホイールの方が楽ですねぇ。分かって買ったから文句は言わないけど(笑)
b0110263_21445113.jpg
今年の梅雨は平成の米騒動が起きた1993年の冷夏に匹敵するほどの日照不足だとTVで言ってました。
それでもあと一週間ほどで太平洋高気圧が頑張ってくれるらしい。天気の週間予報を信じますかね(^^ゞ

今日はノンビリ270キロ、ゴールド免許に相応しい走りをした為か、燃費は28キロ/Lと随分と優秀でした。


by tom100rs883 | 2019-07-14 22:08 | バイク スズキVスト650 | Comments(4)
2019年 06月 17日

Vスト、ひとまず完了

6月1日に乗り出したVスト650、16日(日)無事1,000キロを超えて慣らし運転?が終了しました。
これで、オイル&エレメントを交換すれば後はレッドゾーンまで回し放題です(嘘)

しかし今日は晴れてはいたが強風の注意報が出ていた。やはりだてには注意報は出ないもんだ!
新東名沼津ICから伊豆縦貫道へ向かうが「縦貫道強風注意」の電光掲示があった。
構わずに進んだら・・・いや~、右に左に持っていかれる。やっとの思いで大仁の道の駅に辿り着いた。
パーキングに停めたバイクが風で倒れるんじゃないかと心配するほどの強風が吹いている。
伊豆の内陸部でこうだから、西伊豆スカイラインなんて尾根筋道路ではどうなることか(@_@)
あるいは海岸線に出れば波しぶきのシャワーがVストを錆びさせてくれようと襲ってくるじゃないか!

ここは大人の選択、御殿場経由で山梨県の山中湖から富士吉田に転進を図ります。
大正解、少し風が強いな?くらいで快適なツーリングが楽しめました。

富士吉田市で昼食、今日は「魚屋道」と書いて「ととやみち」と読む回転寿司に寄ります。
山梨県は海無し県なのに、人口当たりの寿司店とマグロの消費量は全国有数と聞きました。

回転ずしでも少し違うぞ、まぐろ5貫盛りが960円(税別ネ)とかネタが良いけど値段も良い(笑)
美味しく軽めに頂いて、お会計は1,901円也。美味かったけど値段考えると回らない寿司屋でも良かったかな(^^ゞ
b0110263_23420002.jpg
昼食後は甲府南IC横にある農産物の直売所で一休み。今日は、Vスト+NC750X+R80の3台で走ってます。
バックミラーに写るR80がカッコいい。低い姿勢で塊感がある、他のバイクとは全く違う雰囲気。
曇天の下、バイエルンの深い森の中を駆け抜ける黒いバイク、といったイメージだなあ(^^)
b0110263_23422517.jpg

甲府精進湖線を走って朝霧高原経由で16:00に無事帰宅。走行距離は1,072キロになりました。
b0110263_23260768.jpg
本日の走行距離は、206.9キロ、平均燃費は車載計では26.6km/L。普通に走れば26キロ/L、満タン20リッタ―で500キロです。
ツーリングでは、400キロは絶対大丈夫な足の長さを持っています。乗り手の体力が続くかが懸念されるな(笑)
b0110263_23260706.jpg
これでVストの慣らしは無事完了です。



by tom100rs883 | 2019-06-17 19:52 | バイク スズキVスト650 | Comments(4)
2019年 06月 15日

雨の休日の定型業務は

本日土曜日は広範囲で大雨予報だ。朝9時頃には大分強く降ってきた。
でも、明日の日曜日は朝5時には雨が止み晴れてくる予報が出ている(^^)v

さて、雨降りの今日は奥さんを誘ってランチに出かけます。明日に備えての下心を
すっかりお見通しされて、お代は当然に私のお小遣いからお支払いということになってます(笑)

雨の中を走ること1時間20分、沼津港近くにある「うなぎ 京丸」にやって来ました。
ほぼ満席ですが、待つことなく着席してご注文。本日のランチは奮発して「うな重」です。
相変わらず美味しかったですね~、ご馳走様でした、自分(爆)
b0110263_20422100.jpg
帰宅してから午後の自由時間はバイクと籠ります(^^ゞ VストとCBのチェーンを綺麗にします。Vストは初チェーン清掃です。
綺麗になりましたが、VストとCB、ジャンル&排気量、お値段?の違いが見えて興味深い。
こちら清掃後 Vストのチェーンとスプロケ。
b0110263_20441233.jpg
こちらが同じくCBです。チェーンとスプロケのサイズが随分違います。スイングアームも違うなあ。
b0110263_20441224.jpg
クランクケースの仕上げ面とか取付金具の材質なんかは随分と違います。
掛けられるコストの違い、そしてロードバイクとアドベンチャー系の違いも大きいかもね。
クランクケース左側の比較、リアのタンデムステップ回りの違いが面白いです。
どっちがいいかの比較ではなく、用途の違いはもちろんですが社風の違いも大きいかなあと(^^ゞ
b0110263_20531414.jpg
b0110263_20531440.jpg
b0110263_20531513.jpg
b0110263_20531558.jpg
さて、明日の山梨方面は天気の回復がいま一つのようです。天気回復が見込める伊豆に行くか、それとも御前崎方面を走るか?

とにかく200キロほど走って1,000キロオーバー、Vストのオイル交換&初回点検とします。
これで一区切りつけて、CB&BMにも乗ってやらないとマズイぞ(;'∀')




by tom100rs883 | 2019-06-15 21:11 | バイク スズキVスト650 | Comments(3)
2019年 06月 14日

雨に備えて

6月8日の梅雨入り宣言から1週間。予報はしっかり当たり今週末は大雨予報が出ている。
折角のVスト慣らしもまだ途中、オドは未だ820キロなのに距離が伸びないじゃないか(^_^;)

6月13日(木)は久しぶりの晴天だが平日で当然にお仕事。こりゃ参ったなあと考えるも
「おお、いい考えがあるぞ!」、定時で仕事を片付けてから直行で帰宅。

18:05には自宅を出発、R52に出て新東名の新清水PAまで快適なワインディングを20キロ。
ここでUターンして自宅に戻りちょうど19:00、なんとか暗くなる前に到着。
b0110263_19095154.jpg
たった1時間だけど、バイクは楽しいね(そのあと一杯飲んだらどっと疲れが出たけれど、笑)

さて、熱中症対策、これから30℃越えが当たり前の季節です。熱中症とか血液ドロドロ対策には
水分補給が大事です。
イオンに行って、480㏄容量の水筒をゲット。これにスポエネ飲料を入れて走ります。
b0110263_19095134.jpg


by tom100rs883 | 2019-06-14 19:13 | バイク スズキVスト650 | Comments(2)
2019年 06月 09日

大分慣れてきたかな


6月1日に乗り出してちょうど一週間、6/1・6/6そして雨の予報が外れて拾ったような昨日6/8。
走行距離は一週間で820キロまで伸びてきました。う~ん、頑張ったな(笑)

前回のブログで書いた通り、足つきもポジションからくるちょいとしたタイミングの違いだったようです。
6/8に走ってみたら足つきの不安はほぼ解消、バイクの安定性に任せることが大事でした。

昨日は近場の100キロコース、山梨県の入り口、身延から下部温泉に走りR300号で登りのヘアピンをこなして本栖湖まで。
そこからは朝霧高原経由で帰宅。以前は2時間コースだったが何故か3時間コースになっている(笑)

R300号・道の駅下部を過ぎたあたり。天気予報が大きく外れて夏空が広がってます。
b0110263_20410870.jpg
登りのコーナー、Vストローム650もバンク角は深い。2速・3速、たまに1速まで使い本栖湖に出て、そこから朝霧高原の
豊茂開拓へ抜ける。バブルの頃にできたゴルフ場の取付道路で一休み。交通量は僅少なのに中央分離帯付きの4車線道路
この辺りに来ると天気予報通りにどんよりと曇って、いつ降り出しても不思議じゃない空模様
b0110263_20410824.jpg
急いで帰りますが、途中で少しですが降られました。カッパも持たずにVスト初雨中走行デビューでした。(^^ゞ

オドメーターは820キロ、もう少しで1,000キロ点検です。過去最速のペースだけど乗りやすいということなのだろうかね?

こんなの着けてみました。デイトナの「スクリーンマウントバーホルダー」
b0110263_21071358.jpg
スマホナビの取付用、デグナーのタンクバックを付けるとホルダーをハンドルにマウントするとバックに隠れてしまう。
スマホナビに慣れてしまうと長距離では必需品ですからねえ。地図を読む力は落ちるし、便利=能力放棄か?
こんな感じで取付完了
b0110263_21131816.jpg
横位置にしないとメーターのスピード表示が隠れてしまう、これはとっても危険だ(笑)
で、気になるのがこちら、少しこの赤というかワインレッドが目障りだぞ
b0110263_21155145.jpg
取り外して、単なる黒いワッシャーと入れ替えました。目の前はすっきりした方が宜しい。
b0110263_21170255.jpg
今日6月9日(日)は予報通りで雨の一日、ゆっくりと体を休めることができました。(笑)






by tom100rs883 | 2019-06-09 21:25 | バイク スズキVスト650 | Comments(0)
2019年 06月 07日

梅雨入り前に

天気予報では7日の金曜日から雨続きで8日頃からは梅雨入りだろうと告げている。
Vストはたった1日で450キロしか走っていないのに梅雨入りは厳しいなあ(・・;)

そんなことから、6日(木)は働き方改革の先陣を切ってお休みにしました。(笑)

6日の朝8:30、周囲の通勤混雑が治まった時間に出発。どこに行こうか?
やはり定番のコース、「須玉~塩川ダム~信州峠~野辺山周回コース」を選択!

今日の留意点は、1.取り回しについて 2.停車時の足つきについて ですかね。

1.取り回しですけど、CBより確かに50キロは軽い。しかし、ハンドル位置、タンク位置
ともにずいぶんと高い。おまけにハンドル幅も広い。
CBだと上から抑え込むような感じで取回すが、Vストは高くて広いハンドルを持ち
タンクを抱え込むイメージかな。重心が高いとも少し違う、脇が空いた状態での
取り回しで慣れが必要です。まっすぐの押し引きは軽いんですがね。
後方から見ると、VストとCB・BMのシート、タンク、ハンドル位置はかなり違います。

2.実はVストの後にCBに乗って思ったんですけど、VストほどじゃないがCBもそれほど
足つきが良いわけじゃない。でも全く不安を感じないのは11年で走行5万キロの慣れですか。
考えるとCBは完全に停車してからゆっくりと足を出しているんですが、Vストはどうも不安が
あるんでしょう、完全に停車する前に足を出していたようです。
だから着いた足がほんの少し後ろに流れるので、あらら!てな感じに多分なるんじゃなかろうかと。(^_^;)

ま、あまり興味がないでしょうから足つきについての話はこれくらいにします。
最近はお出かけに際しては、山梨県韮崎辺りまでは楽にワープして時間を稼ごうと企みます。
今日も中部横断道~中央道須玉IC間を金?に物を言わせて走ります(笑)

Vストも500キロを過ぎたので少しは回しても大丈夫、取説では4,500rpm指示だけど6,000rpmまでは
OKでしょう。今日は車の流れに先行して巡行します。
このエンジンは4,000rpmを超えてからがパワーバンドですね、そこから一気に回りたがるけど
流石にまだ6,000rpmにしておきます。
上半身はスクリーンでかなり楽ですが、下半身は横置きVツインとシングル同様のスリムさから結構に風は当たります。
エンジンの冷却性は立派!水温系のメーターは2/5以上には上がらない。
CBは長めの信号待ちですら直ぐに108℃になりファンが回りだしますから随分と違います。
ラジエターの大きさもCBの半分の排気量なのにVストの方が大きいかもしれないです。

さて須玉ICを出て県道23号「増冨ラジウムライン」を快走し塩川ダムに到着。土日でも静かなんだから平日は貸切状態です。
b0110263_19184712.jpg
b0110263_19184756.jpg
ダム湖横の東屋で途中のコンビニで買ったお昼を食べてノンビリ。その後は県道610号で信州峠に向かう。
途中は2速キープで3~6,000rpmで楽しめる登りのワインディングが続く。

峠を越えると長野県に入り道の表示も県道106号と変わる。現れるのは高戸谷地区のストレート。恒例の一枚!
b0110263_19240927.jpg
途中のT字路を左折して野辺山に向かう。ここも高原野菜の畑の中を走り抜ける快走路。
野辺山駅で左折して八ヶ岳の眺望が素晴らしい平沢峠に立ち寄ります。今日は小学生が遠足で大勢来てました。
b0110263_19595593.jpg
b0110263_19275584.jpg
R141号を走り清里手前、「美しヶ森交差点」を右折し保養所のある地域を抜けてまきば公園方面に向かいます。
b0110263_19315643.jpg
空いている道をたっぷり楽しみました。この後は須玉IC~甲府南IC~精進湖にでる。
b0110263_19340091.jpg
16:00に無事帰宅、本日の走行距離は260キロ、あと一回走れば1,000キロですが、なんと、梅雨入りじゃないですか(涙)

Vストの特徴を載せておきます。

なんと言っても、このスリムなVツインエンジン
b0110263_19372408.jpg
歯切れのいい音を出すマフラー、ブラック塗装部分が錆びそうかな。
b0110263_19383128.jpg
やはりここも大きなポイントです。ゴールドアルマイトのスポークホウィール(掃除は心配したとおり大変です、(;'∀'))
b0110263_19401099.jpg
b0110263_19401020.jpg
足つき性は若干犠牲にしたが、その代わりに長距離を走っても尻が痛くならない大型のシート。
b0110263_19415175.jpg


by tom100rs883 | 2019-06-07 20:09 | バイク スズキVスト650 | Comments(3)
2019年 06月 03日

Vスト、初ツーリングは大鹿村へGo!

Vストの初ツーリング、行先は茅野~杖突峠~高遠~長谷村~ゼロ磁場の分杭峠~大鹿村と、R152号を走るコース。
11年前にCBの慣らし初ツーリングに選んだコースを再訪します!ツーリングで遭遇するダート以外の道路を全て含んだ快走路が連続するノンビリ走る、バイクに慣れるためにも良いコースです。

朝6:05に出発、中部横断道~中央道須玉ICまで走りここは長坂に向かう県道611号沿い、田植えが終わった棚田を眺めて小休止。
b0110263_23152149.jpg
長坂からR20号に出て、茅野から152号で杖突峠を越えて高遠町へ下っていきます。
ここも広い田んぼが広がる中を走る、高遠の町に入る少し手前、農村風景が好きな道です。Vストは穏やかに快走。
b0110263_23152172.jpg
高遠を過ぎて、道の駅「南アルプスむら長谷」を横目で見ながら通過。美和湖のほとりにある広々とした公園で一休み、ついでに撮影会(笑)
イエローのタンクが映えますねえ、今日はVストデビューですからデジ一眼でキレイに撮ってあげます。ここで出発後4時間弱、9:50です。
b0110263_23152140.jpg
b0110263_23152164.jpg
美和湖を出発してから駒ケ根への分岐となる中沢峠近くからは狭隘なカーブが続く。ゼロ磁場の分杭峠へのシャトルバス発着場も現れた。
ゼロ磁場の分杭峠にはなぜか人影が見えず寂しい限り、3年ほど前に来たときはかなり大勢の人がいたんだが、ブームが去ったのかな。

更に進むと中央構造線・北側露頭が天然記念物だという案内板がある。チラッと見て通過(^^ゞ

道は1.7車線程度で時折急こう配の下りヘアピン270度コーナーが現れる。軽量でスリムな車体、回さなくても低回転で軽快なトルク、
フロント19インチでアップライトなポジション。こういった下りのコースでは楽です、CBのように肘に負担が掛からない。
時計を見ると10:20、アップダウンも収まって一休み。

b0110263_23152198.jpg
秋葉神社へ続く秋葉古道の新しい看板が立ってます。
b0110263_23152141.jpg
大鹿村に近づくと道幅の広い2車線路になる。フロント19インチの穏やかな乗り味を楽しんで大鹿村「塩の里」に到着。
時刻は11:10頃、少し早いが昼飯にします。
b0110263_23203253.jpg
鹿肉のカレーとかジビエ料理があるけれども、どうもねぇ。ここはザルそば550円にします。まあまあの蕎麦でした。
b0110263_23203390.jpg
昼食後は152号から県道59号に右折して、小渋ダムを経由して松川町を目指します。
この小渋ダムから松川町までの道がやはり快走路。慣らしの範囲内ですが軽快に走れる道です。小渋ダム到着がちょうど12:00です。

b0110263_23212069.jpg
b0110263_23212016.jpg
県道59号で松川ICを目指し、インター手前で右折して南信州フルーツラインを走ります。この辺りは国道153号より
広域農道がスムーズに流れています。
12:40頃には道の駅「花の里 いいじま」に到着して一休み。

b0110263_23212090.jpg
この後は伊那中部広域農道に繋がっている。残雪の駒ケ岳が見える田んぼの中の道で一休み。良い景色です。
b0110263_23212077.jpg
更に北上すると道は伊那西部広域農道となる。この後は「道の駅・大芝高原」で一休みしてから、R153号へ合流し北上する。
小野宿の手前辺り、「しだれ栗森林公園」の標識を見たら右折して塩嶺高原を走り抜ける中速コーナーが連続するワインディングに突入。
スカイラインミュージアムのある鳥居平やまびこ公園の横を通り、R20号に突き当たる。
ここからは5分程度で中央道・岡谷ICに到着。時刻は15:30、ここからは高速で帰ります。途中の原PAでは睡魔が襲ってきたぞ!
久しぶりに「強眠打破」を飲んで、元気になって走り出す(笑)

b0110263_23221396.jpg
中央道~中部横断道を走り、16:55に下部温泉早川ICを出た。18:00、無事帰宅。
本日の走行は、約12時間、454キロと久しぶりのロングランでした。燃費は満タン法で26.3キロ/Lと好結果です。


さて、各方面からの非難を浴びて(笑)大型バイク3台目に仲間入りした「スズキVストローム650XT」のインプレというか印象です。

その前に、奥さんからのお小言はありませんでした(^^)v でもお他人さんからはこんな意見が寄せられました。
任意保険の追加加入で40年来お付き合いしている保険屋さん、「えっ!何時乗るの?どうするの!」
いつも行くGSのお兄ちゃん、「あれ、替えたんですか?えっ、増車?いつ乗り回すんですか、ローテーションは??」

はい、大丈夫です。そのために健康管理と維持費捻出で勤労しているんですから(^^ゞ

では、Vストの印象です。
・跨った瞬間、やはりシートは高いですねえ。両足ではつま先立ち、停車時には路面の傾斜に注意します。
 まあ、車重はCBより50キロは軽いので取り回しは多少は楽です。
・ポジションはいわゆる殿様乗りに近い緩い前傾、シートが高くステップとの間隔があるので膝が楽です。
・エンジンの性格は回りたがるエンジンですね。90度縦置きだからL型ツインというのだろうか。
 スタタタタ・・・と軽く回っていきます。慣らしで4,500rpmと取説にありますが、油断すると6,000rpm位は行ってます。
 振動はあまりないですね。おかしな表現ですが「爽やかに回るな!」という感じです。
・高速巡行、4,500rpmでちょうど100キロ、5,000rpmで110キロ、スクリーンの効果もCBスーパーボルドールのカウルより高いです。
 エンジンの振動の無さからも、高速道路の巡行は得意なじゃんるでしょう。
・コーナリング、久しぶりのフロント19インチ。落ち着いたハンドリング、確かにヒラヒラ感はないけれどしっとり感がある。
 今回の狭隘路から中速コーナーまで楽しく走れました。

排気量の違いからCB1300のような圧倒的な加速感はない。BMのような2,500~3,500rpmのグリグリ感じるトルク感は薄い。
でもこのエンジンは爽やかに回って、必要十分なパワーとトルクを発生する。乗り手にやさしい性格と感じます。

当面はVストがメインの運用になりますけど、立ちごけだけはしないように頑張ろう(笑)





by tom100rs883 | 2019-06-03 23:25 | バイク スズキVスト650 | Comments(3)
2019年 06月 02日

Vスト、乗りました!

納車なった我がVストローム650XT、まあ、名前が長いから「Vスト」で行きましょう。

6月1日土曜日なんと朝6時05分出発し午後6時帰宅、走行距離は・・・454キロ!(@_@)
b0110263_23065293.jpg
b0110263_22570126.jpg
そして6月2日の日曜日はカブで出発、9時出発で午後3時帰宅、走行距離は・・・159キロ
b0110263_23050725.jpg
どうも体力の限界が近づいたか(;'∀') 眠くてダメだ~。レポは近日中にアップします<(_ _)>



by tom100rs883 | 2019-06-02 23:07 | バイク スズキVスト650 | Comments(2)
2019年 05月 31日

スズキVストローム650、新たに追加です

熟慮を重ねて?思い切って発注したスズキのVストローム650。5/30に仲間入りしました。
仕事を定時に終わらせて師匠の店に急行!18:20にご対面しました。
やはり大きいですね~。サイズ的にはBM<CB<Vストという感じです。
重量は215kgと「CB-50kg」、それほど重くはないがやはり高さがある、そしてシート高が若干の緊張を誘います(汗)
両足は1/3ほど着くんですけど、BMやCBのようにかかとまでしっかりとは行きませんねえ。
少し走ったところで、停車時は道路の傾斜やうねりで山の高くなった部分には注意が必要だなあと感じます。
見た目はアドベンチャー系というのですか?CBの半分の排気量とは思えない押し出しの強さです。
b0110263_00041460.jpg
暗くなる前に20キロほど近郊を走り帰宅。一杯飲んでからSHADのボックスを取り付けます。
完了後の写真がこちら。所要時間は約1時間、きれいに着きました。
b0110263_00041351.jpg
Vストのノーマルキャリア、がっちりした作りですがそれほど面積はない。
キャリア右にSHADのベースを置きましたが大分大きいなあ。
b0110263_00041432.jpg

キャリアとボックスのベースを重ねると、ベースの取り付けボルトを通す穴とキャリアの穴が合わないぞ。
ネットではDIYで汎用のステーを購入してそれで止めた人もいますけどねえ、見た目が美しくない(笑)
横幅が少し足りないか?キャリアの空洞部分がベースのボルト穴の横幅に比して少し狭いな。('Д')
リアシートへの大型バック積載も考慮して取付位置はバランスの崩れない(見た目のネ)範囲内で極力後ろ側に持っていきたい。

b0110263_00041407.jpg


Vストのキャリアはアルミ製に見えるが実は樹脂製なんです。ベースの穴に合わせてキャリアに穴をあければいいじゃないか。
慎重に位置決めをして両面テープで固定してからドリルで一気に空けます!ためらい傷には注意です(汗)
納車2時間後、キャリアに穴が4か所キレイに空きました。ぐらつかないように極力キャリアの前後左右に間隔をあけてボルト止め。
下からのぞくと、どうですか!きれいにしっかり着いているじゃないですか。我ながら良い仕事です(笑)
b0110263_09180779.jpg
キャリアの後はタンクバックの出番です。このバイクはタンクの前方にプラスチックのカバーが付いている。
マグネットor吸盤が使えないし、タンクの傾斜もきついのでオフロード系のバックから選択。デグナーのバックです。
ネットで見ても全て定価販売、強気ですねえ。仕方ない、定価で買いました(^^;
まず、フロントヘッド下にベルトを回す。後ろ側はタンク下サイドフレームにベルトを通し、これでベース部分が固定されました。
b0110263_00041472.jpg
ベースは傷つき&ズレ防止のため厚いウレタン素材、ガソリンキャップ部分がくり抜いてあるのがみそです。
このベースにクリップ四か所でバックを固定します。完了です。
b0110263_00041436.jpg
印象は・・・背が高いバックだな、なにか目障りに感じるぞ!?せっかく着けたけれど、ロングツーの時以外は外すかも。
バックの後ろ側の深い部分にはデジ一眼がちょうど収まる深さがある、このスペースは使えそうだな。

仕事が終わってから初日のバイク弄りはケース&バック装着で無事終了しました。腰が・・・痛いぞ(涙)

さて、肝心の走りは今週末にしっかり走りこんでからご報告しますので「乞うご期待」のほど(笑)


by tom100rs883 | 2019-05-31 22:19 | バイク スズキVスト650 | Comments(2)